子供向けのイベント
忍術は科学的!?忍者の謎を解き明かせ!

企画展「The NINJA -忍者ってナンジャ!?-」

http://ninjaten.com
終了
2016/07/02 〜 2016/10/10

今回の日本科学未来館の企画展は「忍者」がテーマ。忍者の知識や知恵、忍術は実は科学的に証明できた!?修行体験で実践しながら忍術を科学の観点から学び、忍者の真の姿に迫ります。

企画展「The NINJA -忍者ってナンジャ!?-」

忍者を目指して「心・技・体」の修行を積もう

■その1「体をきたえよ」
ステージ1では古武術に伝わる動作や基本的な体の動かし方を学び、忍び足や手裏剣打ち、五感を鍛える修行体験ができます。またスポーツ科学や脳科学の科学的な観点から、修行内容を紹介します。集中力を高めて手裏剣打ちをバッチリ決めよう。

■その2「技をきわめよ」
天気、方位、地形が読めたという忍者。その方法は科学的にも正しいと分かってきました。ステージ2では、潜入や情報収集のために用いていた変装術や得た情報を伝えるための伝達術などを実際に体験します。隠れ身の術を用いて、自然や動物になりすまそう!

■その3「心をみがけ」
忍者が真言を唱えるポーズには精神安定効果があると脳波の実験によって明らかになっているんです。ステージ3では集中力を高める精神統一の手段や忍者の呼吸法、瞑想の方法などを紹介。こちらも実践を通して忍者が力を発揮するために行っていた心の準備を修行体験します。「臨・兵・闘・者・皆・陣・烈・在・前」の9つの印をかっこ良く結ぼう。

■最後はあなたも忍者に!忍者認定
最後まで修行をやり遂げた人には、日本忍者協議会公認の「忍者認定証」が与えられます。ステージ1〜3の修行を積んで、忍者の仲間入りを果たそう!

企画展の関連特別イベントも実施

イベント開催中には関連イベントも実施されます。
先着順なので、気になったイベントは早めにチェックしてみて下さい。

■忍者・忍術学講座-基調講演「忍者の歴史/忍者とその修行」、トークセッション
忍術研究家と日本の歴史学者による、忍者についてのトークセッションです。忍者はいつから存在していたのか?そしていつ消えたのか。そしてどのような修行・術を使っていたのか、史実に基づいて解き明かします。
日時:2016/7/9日(土)13時〜15時30分
講師:山田雄司氏(三重大学人文学部教授)、川上仁一氏(伊賀流忍者博物館名誉館長・忍術研究家)
対象:小学5年生以上
参加費:無料
参加方法:web申し込み※満員の為締切り

■忍者食イベント「ごはんでござる。」~忍者の食事
歴史資料から分かった、戦国時代の武士や忍者がとっていたとされる食事を紹介。忍者と食についての講義の後に、当時忍者が食べていたとされる食材を使った料理を実食!忍者はどのような食事をとっていたのか、講義と実食を通して学びます。
日時:2016/7/9(土)17時〜18時30分
講師:山田雄司氏(三重大学人文学部教授)
対象:小学1年生以上
参加費:2,160円
参加方法:web申し込み※満員の為締切り

■忍者・忍術学講座1「忍者食の再現と食材の働き/忍者と火器」
古文書に沿って再現した忍者食を通して、食材が体にもたらす影響や調理の工夫など、忍者の知恵の一部をのぞきます。また、忍者はどのようにして火薬を用いていたのか、爆発の原理も紹介。
日時:2016/7/16日(土)13時〜14時50分
講師:久松眞氏(三重大学社会連携研究センター特任教授・三重大学名誉教授)、荒木利芳氏(三重大学社会連携研究センター特任教授・三重大学名誉教授)
対象:小学5年生以上
参加費:無料
参加方法:web申し込み※6/16(木)12時より受付開始

■忍者食イベント「ごはんでござる。」~忍者食を科学する
忍者の「携帯食」について講義と実食を通して学びます。任務中は食事をとる時間もままならない忍者。効率よく栄養をとるために食べ合わせや保存が効くものを食べていたとされています。忍者の携帯食は現代にも通じるものなのか考えます。
日時:2016/ 7/16日(土)17時〜18時30分
講師:久松眞氏(三重大学社会連携研究センター特任教授・三重大学名誉教授)
対象:小学1年生以上
参加費:2,160円
参加方法:web申し込み※7/4(月)12時より受付開始

■ワークショップ「伝達せよ!忍者のあぶり出し術体験」
一見何も書いていないように見える紙に、熱を加えて文字を浮かび上がらせる「あぶり出し
」。これも忍者が使ったとされる伝達術なんです。身の回りの食べ物を材料に、忍者が使っていた伝達術を体験します。
日時:2016/7/31日(日)
①11時〜11時45分 ②14時〜14時45分
講師:加藤進氏(三重大学社会連携研究センター特任教授)
対象:小学1年生以上
参加費:常設展入館料のみ
参加方法:web申し込み※6/30(木)12時より受付開始

現代科学や忍術書から見えてきた"忍者"の姿

「心・技・体」の3つの力を総合的に兼ね備えていた忍者。忍者の用いてきた忍術とは自然や社会の知識を実践的にしたものなのと分かってきました。忍者が任務をこなすための記憶術や心を整える呼吸法など、現代科学を通してわかってきた忍者の姿に迫ります。

開催期間

2016/07/02 〜 2016/10/10

時間

10:00 〜 17:00
入場券の購入および会場への入場は閉館時間の30分前まで

料金

大人1,600円/中人(小学生~18歳以下)1,000円/中人(土曜日) 900円/小人(3歳~小学生未満) 500円

※2歳以下は無料で入場可 ※常設展への入場も可能

開催場所

東京都江東区青海2-3-6
1階 企画展示ゾーン
休館日:7/5,7/12,9/6,9/13,9/20,9/27,10/4