【東京】絶品かき氷12選

2015/08/12 10:22

日を重ねるごとに日差しが暑くなり、「かき氷」が美味しい季節がやってきました。昨今のブームもあいまって、様々な趣向を凝らしたかき氷が登場。ここで、東京で楽しめるかき氷の名店を紹介します。

芋甚

根津にある老舗の甘味処「芋甚」。粗めに削られた氷と手作りの蜜は素朴な味わいを生み出します。なかでも珍しいのが牛乳をシロップにしたかき氷、「氷牛乳」。背の高いグラスにこんもりと盛られた氷と、牛乳から作られる真っ白なビジュアルが特徴です。味わいは牛乳にレモンシロップを加えた、あっさりとした一品です。

「芋甚」取材レポート

雪菓

巣鴨駅にあるかき氷専門店「雪菓」。天然氷を使用した、ふわりと軽い口当たりの氷は、一度食べればやみつきに。平たい器にこんもりと盛られたかき氷と、たっぷりかけられた蜜はビジュアル的にも美しく仕上がっています。お腹いっぱい召し上がりたいときにはオススメです。

「雪菓」取材レポート

浅草浪花家

モダンミックスされた今風かき氷が特徴の「浅草 浪花家」のかき氷。小豆やマスカルポーネといったユニークなかき氷が食べられます。実は「浅草 浪花家」は浅草にあるたい焼き屋。麻布十番の老舗「浪花家」から暖簾分けされたお店なんです。たい焼き屋のつくる小豆で食べるかき氷は贅沢な一品。

「浅草浪花家」取材レポート

雪うさぎ

桜新町のかき氷専門店「雪うさぎ」。かき氷には天然氷を使用しており、ふわふわの食感が味わえます。器に丸くたっぷりと盛られた氷に、ぽってりとしたかぼちゃの蜜とキャラメルが格子状にかかった「かぼちゃキャラメル」は850円。日によっては、メニューに書かれていない「ローズ」や「みそピーナッツ」を使った裏メニューもあります。

「雪うさぎ」取材レポート

目黒ひいらぎ

たい焼き屋さんのこだわりのあんこを使用したかき氷を味わえるお店がこちら。「小豆ミルク」は、ふっくらとしたあんこの粒感は、優しい甘みを味わえます。プラスチックのカップで提供されるので、学芸大学駅の街を散歩しながら食べ歩けるのも嬉しいところ。

「目黒ひいらぎ」取材レポート

和キッチンかんな

三軒茶屋駅にある「和キッチンかんな」。開店時間の前からすでに行列が出来始める人気のかき氷店です。写真は、淡い小豆色のソースがふわふわに盛られた氷にたっぷりとかかった「小豆マスカルポーネ」。クリーミーなマスカルポーネの風味と、小豆の甘みが程よくマッチした逸品です。

「和キッチンかんな」取材レポート

ジャパニーズアイス 櫻花

恵比寿駅にあるアイスクリーム専門店「ジャパニーズアイス 櫻花」。くまをモチーフにしたかき氷は、老若男女に愛されています。鼻に使われた牛乳アイスクリームは、素材の味を活かした濃厚な旨味が特徴。食べ進めていくと、パインやみかんなどのフルーツがお出迎えします。

「ジャパニーズアイス 櫻花」取材レポート

麻布野菜菓子


「麻布野菜菓子」では、セロリやトマト、茄子、生姜など、野菜をふんだんに使ったかき氷が味わえます。かわいらしいガラスの器にふんわりと盛られた氷の上にたっぷりとかけられたトマト色のシロップが色鮮やかな「ミニトマトのかき氷」は950円(税込み)。クリームチーズのコクとトマトの果肉のハーモニーを存分に味わえる逸品です。

「麻布野菜菓子」取材レポート

KAKIGORI CAFE&BAR yelo


真っ赤な看板が目印の「yelo」では、毎月変わる、個性豊かなかき氷が味わえます。薄いピンクとバニラの淡い色合いが美しい「パステルズ」は950円。上に散らされたパステルカラーの丸いつぶは香川特産菓子の「おいり」です。ふんわりとした氷と、おいりのしゅわっとした食感は、思わずやみつきに。

「KAKIGORI CAFE&BAR yelo」取材レポート

セバスチャン


代々木公園の近くに位置する「セバスチャン」では、フレンチの要素を取り入れた「ドルチェ氷」が食べられます。見た目も洋菓子のよう。氷に生クリームをナッペした、まるでホールケーキのような「マンゴーのショートケーキ」も、れっきとしたかき氷。カットすると、たっぷりとマンゴーのシロップを含んだふわふわの氷がお出迎えします。

「セバスチャン」取材レポート

MAMANO


「MAMANO」で食べられるかき氷は、カカオにミルク、砂糖で作った氷をけずったカカオの風味が漂う逸品のかき氷。水を一切入れずに氷をつくるためとても濃厚でふわっと溶ける口当たりが特徴です。「MAMANO」は南米・エクアドルのみで生産されている「アリバカカオ」だけで作られるチョコレートの専門店。チョコレート専門店こそ食べられるかき氷がここにあります。

「MAMANO」取材レポート

麺屋KABOちゃん


かき氷好きの店主が織りなす、生の果物をふんだんに使ったかき氷は、果実感を感じるジューシィな味わい。ふわふわに盛られた氷とたっぷりの蜜が美しい、旬を味わうかき氷が取り揃うお店です。ラーメン店で食べるかき氷、ラーメン屋だからといって侮る無かれ!

「麺屋KABOちゃん」取材レポート

かき氷の進化が止まらない!

お祭りの出店だけでなく、ブームに伴ってカフェやお菓子屋もかき氷を出すように。もはやスイーツの一種になっています。ユニークで美味しいかき氷が毎年登場し、かき氷好きには嬉しいかぎりですよね。暑い夏はかき氷で乗り越えよう。