上京区のプレース一覧

楽美術館

京都府京都市上京区油小路通一条下る

京都にある楽焼の美術館。樂焼窯元・樂家に隣接した美術館で、収蔵品は樂歴代作品を中心に、茶道工芸美術品、関係古文書など。

相国寺

京都府京都市上京区相国寺門前町701

相国寺は、足利義満が創建、京都五山第2位の寺。臨済宗相国寺派の大本山。法堂は豊臣秀頼に贈られたもので、山内最古の建物にして重要文化財に指定されている。

京菓子資料館

京都府京都市上京区柳図子町331-2

京菓子資料館は、京菓子の歴史を知る文化施設。京菓子に関する絵画、美術工芸品、古文書なども展示しており、2階に展示室がある。

上御霊神社

京都府京都市上京区上御霊竪町495

上御霊神社は、応仁の乱発祥地の碑がある神社。京都でも非常に古い歴史を持つ神社。境内には、鳥居のそばに「応仁の乱発祥の地」の石碑が立っている。

幸神社

京都府京都市上京区寺町今出川上ル幸神町

幸神社は、猿の像などが見られる神社。ご祭神は猿田彦大神(さるたひこのおおかみ)。祭神にちなみ、御幣をもった猿の像など、猿をモチーフにしたものが境内にたくさん存在している。

白峯神宮

京都府京都市上京区飛鳥井町261

白峯神宮は、球技の神様としても知られている。サッカーなどスポーツ関係者も参拝することで有名。7月の精大明神祭では「小町おどり」と「蹴鞠」が奉納される。

人形寺(宝鏡寺)

京都府京都市上京区百々町547-1

人形寺(宝鏡寺)は、人形供養の寺として有名な寺。人形や双六、投扇、貝覆など光格天皇の愛用品や多くの人形を所蔵しており、春と秋に一般公開される。

本法寺

京都府京都市上京区本法寺前町617

本法寺は、日親上人が創建した寺。日親上人は「なべかむり日親」と呼ばれたが、足利義教に正法による政治を進言し、怒った義教に灼熱した鍋を頭にかぶせられるという拷問。投獄にも耐えた上人を信仰する者は多い。

同志社大学

京都府京都市上京区今出川通烏丸東入ル

同志社大学は、新島襄が創立した大学。新島は、日本人で初めて、欧米の高等教育機関から学位を得た人物である。彰栄館、有終館、礼拝堂、クラーク記念館、ハリス理化学館は国の重要文化財に指定されている。

京都御所

京都府京都市上京区京都御苑

京都御所は、鎌倉中期から明治維新までの皇居だった場所。現在の建物は1855年に再建されたもの。歴代天皇の即位の場である紫宸殿、皇后宮常御殿などがある。また小御所の前に美しい庭園も見ることができる。

京都御苑

京都府京都市上京区京都御苑3

京都御苑は、京都御所のある広大な国民公園。。敷地は東西700メートル、南北1300メートル。環境省が管理している。芝生や梅林などがあり、四季折々のうつろいを楽しむことができる。

梨木神社

京都府京都市上京区染殿町680

梨木神社は、萩の名所として有名な神社。三條実万[さねつむ]・実美[さねとみ]親子を祭る。約500株の萩が咲き、9月には萩まつりも行われる。上田秋成や湯川秀樹らの歌碑もある。

護王神社

京都府京都市上京区桜鶴円町385

護王神社は、狛イノシシがある神社。和気清麻呂と姉の広虫を祀る。和気清麻呂は、桓武天皇に平安京遷都を進言し、その造営に尽くした人物猪のコレクションが有名。

仙洞御所

京都府京都市上京区京都御苑

仙洞御所は、美しい庭園のある、上皇の御所。1御殿は数度に渡り類焼し、現在は庭園と一部の茶室だけが残っている。庭園は小堀遠州作で、南池と北池のある美しい庭。

京都市歴史資料館

京都府京都市上京区松蔭町138-1

京都市歴史資料館は、京都の歴史資料を収集保存する資料館。古文書の収蔵点数は、7万9千点以上、民俗資料も所蔵。京都の歴史に関するビデオを映像展示室で見ることができる。年数回、テーマ展を開催。

北村美術館

京都府京都市上京区梶井町448

北村美術館は、茶人・北村謹次郎の個人美術館。茶道美術品が多数展示され、重要文化財である「墨画淡彩鳶鴉図」も見ることができる。春と秋には、季節に合ったテーマの企画展も開催されている。

新島旧邸

京都府京都市上京区寺町通丸太町上ル

新島旧邸は、同志社の創立者、新島襄の私邸。建物は木造2階建てで、外観は洋風で内部は日本建築という和洋折衷の様式。京都市から有形文化財に指定されている。

下御霊神社

京都府京都市上京区信富町324

下御霊神社は、御霊八所の神を祀る神社。表門は仮皇居の建礼門を移したと伝わる。5月の還幸祭では神幸列神輿の巡幸が、8月の例祭では御神楽・東遊の奉奏がある。

京都府警察広報センター

京都府京都市上京区下立売通釜座東入

京都府警察広報センターでは、警察の仕組みを学べる。予約すれば、110番通報を受けている通信指令センター、道路情報を集めて情報提供や信号制御を行う「交通管制センター」も見学することができる。

廬山寺

京都府京都市上京区北之辺町397

廬山寺は、節分行事の鬼法楽が有名な寺。天台圓浄宗本山である。1571年、織田信長の焼き討ちを逃れ現在の地に移転した。紫式部の邸宅跡としても知られており、その庭は「源氏の庭」と呼ばれる。

頼山陽書斎

京都府京都市上京区東三本木通丸太町上ル

頼山陽書斎は、儒学者・頼山陽が晩年を過ごした場所。鴨川に面しており、書斎の窓からは東山を眺められたという。建物は平屋で藁葺きの質素な造り。事前に申込みをすれば見学することができる。

一条戻橋

京都府京都市上京区堀川下之町

一条戻橋は、死者が生き返った伝説の橋。現在の橋は1995年に掛け替えられたが、近くの晴明神社には以前の橋の部材を使ったミニチュアが再現されている。

樂美術館

京都府京都市上京区油橋詰町84

樂美術館は、樂焼家元に伝わる美術品を展示する美術館。初代長次郎から15代吉左衞門までの作品が中心。所蔵点数は1000点以上で、茶道具工芸品、関係古文書などを見ることができる。

晴明神社

京都府京都市上京区晴明町806

晴明神社は、陰陽師、安倍晴明を祭る神社。提灯や絵馬などには、星形の紋である五芒星が描かれている。「晴明井」という井戸は、晴明が念力で涌出させたという伝説がある。

西陣織会館

京都府京都市上京区竪門前町414

西陣織会館は、西陣織を知り、体験できる会館。職人による実演やきものショーの見学、西陣織商品の即売などを見る事ができる。

妙蓮寺

京都府京都市上京区妙蓮寺前町875

妙蓮寺は、本門法華宗の大本山。重要文化財である長谷川等伯一派の襖絵、松尾社一切経など多くの文化財を持つ。庭は「十六羅漢の石庭」と呼ばれる、観賞式石庭。

首途八幡宮

京都府京都市上京区桜井町102-1

首途八幡宮は、源義経が旅立ちの安全を祈願した場所として知られる。門出・旅の神様として信仰が厚い。かつてはこの地に金売吉次の屋敷があったといわれ、元々は内野八幡宮という名であった。

本隆寺

京都府京都市上京区紋屋町330

本隆寺は、大火を免れた不焼寺として知られる。「夜泣き止めの松」も有名で、この松の葉を子供の枕の下に置くと、夜泣きが止まると言われている。

織成舘

京都府京都市上京区大黒町693

織成舘は、織物についての展示館。西陣織の手織り工程などを見学できる。織物に関する色々な企画展も開催されている。

雨宝院

京都府京都市上京区聖天町9-3

雨宝院は、高野山真言宗の寺。応仁の乱で荒廃し、天正年間に現在の地に再興された。本尊は大聖歓喜で、像頭人身六臂の等身像。本堂前の桜は「歓喜桜」と呼ばれ、根元から八重桜が咲くもの。

称念寺

京都府京都市上京区西熊町275

称念寺は、猫の恩返しの伝説がある寺。上人が猫を偲んで植えた末は横20メートルにも伸び、伏せた猫の姿に似ているとされる。

裏千家

京都府京都市上京区本法寺前町613番地

裏千家の茶室遺構は重要文化財に指定。兜門から始まり、無色軒、今日庵、対流軒などから成る。今日庵は宗旦が隠居所として建てた茶室。一畳台目という最も狭い草庵の茶室である。内部は非公開となっている。

妙顕寺

京都府京都市上京区妙顕寺前町514

妙顕寺は、日像聖人が創建。その寺宝には、狩野永納筆三幅對、尾形光琳筆松竹梅などがある。庭園は、客殿の前庭を龍華飛翔の庭、書院の前庭を光琳曲水の庭と呼ばれている。

光照院門跡(常磐御所)

京都府京都市上京区安楽小路町425

光照院門跡(常磐御所)は、浄土宗知恩院派の門跡尼寺。。1356年、天台・禅・律・浄土四宗兼学の道場として建立されたのが始まりと伝わる。代々の皇女が尼門跡となった時代もある寺院。

西陣

京都府京都市上京区

西陣は、応仁の乱で西軍が本陣を置いた場所。なお細川勝元の東軍は、堀川より東に本陣を構えた。伝統工芸品である西陣織は、国際的に有名な織物。

北野天満宮(北野の天神さん)

京都府京都市上京区馬喰町

北野天満宮は、学問の神様、菅原道真を祀る。菅原道真は平安時代に学者・政治家として活躍した人物で、学問の神様として大変信仰が厚い。「北野の天神さん」の名で親しまれている。

千本釈迦堂

京都府京都市上京区溝前町103

千本釈迦堂の本堂は京洛最古の木造建造物。1寺を造営した棟梁である夫を助け、その秘密を守るため自害した妻の「おかめ伝説」が残る。

千本ゑんま堂

京都府京都市上京区閻魔前町34

千本ゑんま堂は、閻魔法王を祀り、狂言が有名。本尊に閻魔法王を祀り、「千本ゑんま堂」の名で呼ばれる。5月1〜4日には、えんま堂狂言が開催され、これは京都の三大念仏狂言の1つ(他に壬生寺・嵯峨釈迦堂)。

大将軍八神社

京都府京都市上京区西町55

大将軍八神社は、方位を司る神様。方徳殿は春秋に特別公開され、重要文化財の衣冠束帯像や、武装大将軍神像80体などを見ることができる。

上七軒

京都府京都市上京区上七軒

上七軒は、京都で最も古い花街。25人の芸妓・舞妓を有し、五つ団子の紋章を用いる。4月には上七軒歌舞練場にて、北野をどりが芸妓・舞妓によって行われる。

釘抜地蔵

京都府京都市上京区花車町503

釘抜地蔵は、心や体の苦しみを抜くと伝わる地蔵。弘法大師が自ら石に刻んだと伝わる、釘抜地蔵菩薩が安置されている。

京都市考古資料館

京都府京都市上京区元伊佐町265-1

京都市考古資料館は、発掘された考古品を展示する資料館。発掘調査された京都市内の遺跡や出土遺物など、約1000点の資料が、時代別に分けて展示されている。出土器に直に触れられるコーナーもある。

京都ちりんちりん

京都府京都市上京区和水町439-19

ご希望の場所へ自転車をお届け。デリバリーレンタサイクル 希望場所へ自転車を届ける

しょうゆチャーシューW:元祖ラーメン大栄

京都府京都市上京区河原町丸太町上ル出水町275 1F

ラーメンにチャーシューが入っているというより、チャーシューの中にラーメンが入ってる感じですね。

京都御苑

京都府京都市上京区京都御苑内

京都で一番最初に咲くといわれる早咲きの桜があり、ここから京都の桜季節が始まります。

西陣織会館

京都府京都市上京区堀川通今出川南入

京都の伝統産業である西陣織の全てを学べる場所。着物ショーや実際の織りの技術を見学もできる。嵐山や東山界隈とはまた違ったしっとりとした古都京都を探訪できる。

日本聖公会聖アグネス教会

京都府京都市上京区烏丸下立売角

明治31年に建てられたゴシック様式の教会は、創建当時のまま保存され古都京都の町並みに重厚さを添え大人な空間と味わえる。

晴明神社

京都府京都市上京区堀川通一条上ル806

金色に輝く社紋の桔梗印が飾られている特長的な鳥居があり、洗礼された境内や樹齢推定300年の御神木の大樹のパワーで鋭気を養えるだろう。

cafe 一期一会

京都府京都市上京区老松町103

金閣寺にある食事ができるカフェです。フード、ドリンクを豊富に取り揃えています。店の前には可愛い乗り物があり、店内は色鮮やかのに落ちいついた雰囲気なのでデートにもご利用できます。

中国菜 燕燕

京都府京都市上京区今出川通寺町西入ル大原口町211

スタイリッシュな空間で、美味しい食事を楽しめる中華料理店。定番のチャーハンはもちろん、多種多様なメニューが用意されていて、胃袋を飽きさせません。