「台東区 × 史跡」のプレース一覧

旧岩崎邸庭園

東京都台東区池之端 1-3-45

まるでお城みたい。しかも中に入るとペルシャ絨毯や飾りタイルなど、夢の世界に舞い込んだような空間なんです。

雷門

東京都台東区浅草2-3-1

浅草の顔として有名なこちら。テレビなんかでもよく見かける雷門は、浅草観光に行ったらぜひ寄っていただきたい名所です。

旧岩崎邸

東京都台東区池之端1-3-45

下町にひっそりと佇む洋館。明治29年に建設された建物をそのまま残しています。繊細な装飾が文明開化の頃を偲ばせます。

上野東照宮

東京都台東区上野公園9-88

上野公園内にある東照宮。徳川家康が祀られている。社殿・唐門など重要文化財も多く、家康ゆかりの品もある。ぼたん苑では春と冬にそれぞれぼたんが見られ、季節を感じることができる。

西郷隆盛像

東京都台東区上野公園

愛犬とともに兎狩りをする西郷隆盛の姿を銅像にしたもの。「上野の西郷さん」の愛称で親しまれ、今や観光スポットとなっています。

横山大観記念館

東京都台東区池之端1-4-24

日本絵画の絵師として有名な横山大観の作品が展示されています。京風の家屋でアトリエとして使用してきた建物を展示スペースとして活用しています。大観の収集した古美術品も充実しています。

横山大観記念館

東京都台東区池之端1-4-23

横山大観が実際に住んでいた家が記念館になっています。中には日本画も残されています。手入れされた庭も見どころとなっています。

不忍池辯天堂

東京都台東区上野公園2-1

不忍池に囲まれた中にある神社です。財運、芸能、音楽等にご利益があると言われ、七福神めぐりで参拝する人も多いです。

台東区立朝倉彫塑館

東京都台東区谷中7-18-10

朝倉文夫氏が掘った歴史ある彫刻たちを収蔵しています。テーマを定めた展示のほか彼が収集していた美しい鼻煙壷なども展示され、歴史を感じられます。

旧寛永寺

東京都台東区上野公園9-83

上野動物園内にある五十塔がとても有名です。歴史ある建造物に圧巻です。ファミリーで動物園で楽しみながら歴史的建造物にも触れてみるのもいいですね。

瓜生岩子像

東京都台東区浅草2-3-1

瓜生岩子(うりゅういわこ)の銅像。本名を岩というこの女性は、江戸末期から明治にかけて、福島県で主に子供を対象とした慈善事業に貢献した功を称えられ、浅草寺に祀られています

新奥山

東京都台東区浅草2-3-1

五重塔の北西側の、数々の石碑やお像が祀られている一角。江戸時代には『奥山』の名で大道芸人や見世物小屋の集う、庶民の娯楽の地でもありました。現在は静かに諸碑諸像が佇んでいます。

久米平内堂

東京都台東区浅草2丁目3-1 (浅草寺境内)

江戸時代の武士・久米平内を祀ったこのお堂は、意外にも縁結びのパワースポットとされています。多くの人を斬った平内の今際の願い「自分の像を人々に踏みつけて貰う」が「文付け」に転じたのだとか。

一葉観音

東京都台東区浅草2-3-1

新吉原の遊女が、12歳で水難事故により亡くなった息子を偲び、造立した観音像です。水上の一枚の蓮華の花弁に立たれるそのお姿は、子供を失った母親の心をどんなにお救いになったでしょう。

粧太夫碑(柿本人麻呂歌碑)

東京都台東区浅草2-3-1

柿本人麻呂の和歌を万葉仮名で彫ったこの歌碑は、新吉原の遊女・粧太夫の献納したものです。遊女でありながら蕋雲(しょううん)の号を送られる程の教養を持った彼女の愛した和歌を今に伝えています。

宝蔵門

東京都台東区浅草2丁目3-1

浅草寺の山門としてそびえ立つ宝蔵門。阿吽の仁王像がお納めされていることから、以前は仁王門と呼ばれていました。仁王様のお力を表す大わらじも祀られています。

旧東京音楽学校奏楽堂

東京都台東区上野公園2番1号

日本で最初に建てられた本格的な西洋式音楽ホールとされる歴史的建造物で、1988年には国の重要文化財に指定されました。音楽家・滝廉太郎の銅像が設置されています。

旧因州池田家屋敷表門

東京都台東区上野公園13

上野駅からほど近い「東京国立博物館」敷地内にあり、野外展示されている通称「黒門」。国指定重要有形民俗文化財に指定されており、土日祝の10:00〜16:00には開放されている。(中止の場合あり)

大照寺の仏足石

東京都台東区竜泉1-20-6

竜泉にある大照寺境内にある。釈迦が説法をした場所に足跡として刻まれたという由来があり、古くから礼拝の対象とされてきた。

旧吉原遊廓跡

東京都台東区千束4丁目

現在の千束4丁目付近一体にあった、江戸時代の遊郭跡。明暦の大火の後、日本橋葦屋町から吉原に移転してきた。

一円庵

東京都台東区池之端3-1-28

上野駅から徒歩10分。1869年に現在の場所に移築されたこの茶室は有形文化財に指定されている。この茶室は江戸千家を広める拠点であった。

虫塚

東京都台東区上野桜木1-14-11

虫達の霊をなぐさめる為に建てられた歴史ある石碑。普段の生活から離れて、歴史的な勉強をするのもたまにはいいですね。

蓮花歌碑

東京都台東区上野公園・池之端4

上野恩賜公園内にある江戸時代に建てられた歴史ある石碑。池に咲く蓮の花を題材に詠んだ歌が刻まれており、その歌を読むと昔にタイムスリップした気分になるかもしれませんね。

東京芸術大学・黒田清輝記念堂

東京都台東区上野公園13-43

絵画や木炭デッサンなどの作品が数多く飾られた記念館。歴史的にも貴重な作品も数多くあるので、見る価値ありですね。

長谷川利行碑

東京都台東区上野公園2-1

上野恩賜公園の中に建てられた石碑。昔の歌人が詠んだ歌を読んで、昔の社気状況を思い浮かべたりするのもいいですね。

区立一葉記念館・一葉旧居跡・たけくらべ碑

東京都台東区竜泉3丁目18番4号

樋口一葉が居を構えた竜泉にある記念館。外観はとてもモダンな雰囲気。一葉が使った机などの展示もあります。一葉記念公園にはたけくらべの記念碑が。旧居跡には旧居跡碑もあります。

岡倉天心旧宅跡と日本美術院跡

東京都台東区谷中5-7

伝統美術の復興に尽力した岡倉天心の邸宅と美術館跡で、現在は岡倉天心記念公園になっている。趣深い六角堂が静かな公園内に佇んでいる。

旧寛永寺五重塔

東京都台東区上野公園

上野東照宮の一部として建てられてから寛永16年に消失され再建された重要文化財に指定されている五重塔。

清水観音堂

東京都台東区上野公園1-29 

京都の清水観音堂をモデルに作られた本堂の正面は舞台づくりになっていてすぐそばにある不忍池の景色が眺められる作りになっています。

二天門

東京都台東区浅草2-3-3

浅草寺の東側にある門。門の左右には二天像が守りを固めています。今でも古来の美しい彩色が少し残っています。ぜひ一度じっくり眺めてみては?

河竹黙阿弥住居跡

東京都台東区浅草1-36-3

幕末から明治にかけて活躍した狂言作家、河竹黙阿弥を称えて建てられた石碑です。さらに浅草神社の境内には河竹黙阿弥翁顕彰碑が建てられています。

粧太夫歌碑

東京都台東区浅草2-3

浅草神社の一角に建っていて、柿本人麻呂に傾倒していた粧太夫の名がひらがなではなく漢字で刻まれているのは不思議な感じです。

首尾の松跡

東京都台東区蔵前1-3

蔵前橋西詰めの下流側に石碑と若木が植えられています。現代の7代目の末の姿を見に、一度出かけてみた歴史を感じるのも良いでしょう。

浅草見附門跡

東京都台東区浅草橋1-1

江戸にあったいわゆる監視所のことで、下町散策の途中で、その歴史を感じによってみるのも良いかもしれませんね。

徳川慶喜の墓

東京都台東区谷中7-2

台東区谷中の寛永時にあります。慶喜公と共に眠っている側近たちは今もなお慶喜公にお仕えしているかのようです。

かなりや碑

東京都台東区上野公園2-1

上野恩賜公園不忍池のほとりに立つ歌碑です。西條八十が作詞した「かなりや」の中でも希望を感じられる四番の歌詞が刻まれています。

瓜生岩子像

東京都台東区浅草2-3

浅草寺の五重塔近くに、孤児を救済するための施設や無料の病院をつくり、福祉事業に一生を捧げた瓜生岩子の像がたてられています。

奏楽堂

東京都台東区上野公園8-43

歴史ある音楽ホールです。滝廉太郎や山田耕作など著名な音楽家がステージに上がったことでも知られています。日本最古のパイプオルガンなども展示されているので気になる方は要チェックな場所です。

天海僧正毛髪塔

東京都台東区上野公園1

南弘法天海和尚の毛髪が収められている由緒あるお寺です。徳川幕府建国に伴い大きな力を発揮した天海和尚の足跡を感じれます。

藤堂高虎墓・閑々亭

東京都台東区上野公園

上野動物園の動物慰霊碑の近くにある建物で、二代将軍秀忠の相談役でもあった藤堂高虎の屋敷です。歴史ある建物です。

摺鉢山古墳

東京都台東区上野公園

上野公園内にひっそりとある、前方後円墳。丘と思っていると見逃すので注意を。桜の名所として知られる上野公園内でも人気のある場所です。

蜀山人歌碑

東京都台東区上野公園 清水観音堂境内

狂歌の文豪「蜀山人」の歌碑で、自筆で書かれた貴重な物です。細かな字で歌碑建築に至るまでの経緯が書かれています。

彰義隊墓

東京都台東区上野公園1

戊辰戦争の戦闘のひとつである上野戦争で亡くなった彰義隊士が眠っている場所。明治2年の小さな石碑。胸に刻んでおきたい。