「行田市 × 史跡」のプレース一覧

さきたま古墳公園

埼玉県行田市埼玉4834

9つの古墳がある公園。文化遺産の観光スポットとなっておりのどかに自然を満喫できデートにもぴったりな場所。

忍城址

埼玉県行田市本丸17-23

関東七名城と称えられた白塗りが周囲の緑に映える美しいお城が当時のままに再建されています。複数の景観対象も受賞!観光には最適です。足を休めるのにも最適の場所。

埼玉古墳群

埼玉県行田市埼玉

埼玉の古墳について実際に見て知ることのできる場所。埼玉の由来や古墳群を前にしてのんびりとくつろぐことのできる公園もあります。

高橋家の句碑(松尾芭蕉の句碑)

埼玉県行田市野795

元々は正覚寺にあった句碑ですが、現在は高橋家のお庭に建てられています。市指定記念物になりますが個人が所有しているので見学は許可が必要です。

竹内家の句碑(松尾芭蕉の句碑)

埼玉県行田市藤原町二丁目

住宅街の中の竹内家の墓地内にある句碑で、芭蕉の句「春もやや けしきととのふ 月と梅」が刻まれています。「多少庵秋瓜」の書とされています。

大長寺の句碑(松尾芭蕉の句碑)

埼玉県行田市行田 大長寺

小沼橋付近にあったものを移築した大長寺は忍川右岸にある寺です。「多少庵秋瓜」の書で、芭蕉の句「古池や 蛙飛びこむ 水の音」が刻まれた句があります。

昭岩寺の句碑(松尾芭蕉の句碑)

埼玉県行田市北河原

明治元年に建立された句碑。「父母の 志きりに恋し 雉の声」と刻まれている。和歌山県の高野山を訪れた際に詠んだ句。

埼玉古墳群

埼玉県行田市大字佐間、渡柳、樋上、堤根、埼玉地内

国の史跡として指定されている貴重な古墳群で中でも丸墓山古墳は日本一の丸墳と称賛されて子供たちの歴史の勉強に活用されています。

丸墓山古墳

埼玉県行田市埼玉 さきたま古墳公園内

日本最大の丸墳として有名な古墳です。とても綺麗に整備されていて近年では桜の名所としても有名となっています。

忍城

埼玉県行田市本丸17-23

かつては関東七名城とも言われたお城。戦国のさまざまな困難にも落ちなかった、歴史を生き抜いてきたお城です。

石田堤

埼玉県行田市堤根1262地先

石田三成による忍城水攻めの際に造られました。当時の全長は28kmと伝えられていますが、現在では約250mの堤が残り、松並木となっています。