日光市のプレース一覧

日光東照宮

栃木県日光市山内2301

徳川家康を東照宮大権現として祀る東照宮、二荒山神社、輪王寺の二社一寺から構成。陽明門を中心に風水の流れを取り入れて緻密に設計されたパワースポット。家康の墓所付近に特に強いパワーがあると言われる。

あし湯カフェ

栃木県日光市鬼怒川温泉大原1437-1 ホテルサンシャイン鬼怒川内

温泉地として有名な鬼怒川温泉にあるホテルサンシャイン鬼怒川。その中にあるその名もズバリ『あし湯カフェ』という店舗があります。テるにはラス席もあるのですが、足湯のある席は、若干強引な設計!?鬼怒川温泉では唯一の足湯カフェです。メニューはシンプルですが、ふらりと立ち寄ってみるには良いお店です。

湯滝

栃木県日光市湯元

湯ノ湖の南にある、高さ70mのダイナミックな滝。滝壺の近くから迫力ある姿を見ることができる。湯ノ湖まで続く散策路があり、上から滝を見下ろすこともできる。

湯ノ湖

栃木県日光市湯元

山間にある標高1478メートルの澄んだ湖で、周囲の山々が湖面に映る姿が美しい。特に紅葉の時期は見事。周囲には散策路もある。

温泉寺

栃木県日光市湯元

勝道上人ゆかりの寺で、正式名は日光山輪王寺別院。昔から輪王寺をたずねる修行僧の温泉場とされており、弘法大師や慈覚大師も訪れたと伝わる。境内には薬師湯があり、勝道上人が発見したとされている。

切込湖・刈込湖

栃木県日光市

湯元温泉〜光徳間のハイキングコースの途中にある2つのつながった湖。勝道上人が切り殺した毒蛇を湖に刈り込めた伝説が、湖の名前の由来と伝わる。

石楠花平

栃木県日光市

戦場ケ原、湯ノ湖、男体山を一望できる絶景スポット。キャンプに適した場所や、草花の美しい菅沼、丸沼などがある。景色を楽しんだり、釣りに興じたりと、色々な楽しみ方ができる場所。

小滝

栃木県日光市中宮祠

湯川にかかる、高さ5メートルほどの小さな滝。白く落ちる水の様子が美しく、わざわざ見に訪れる人々も多い。

奥白根山

栃木県日光市

関東地方の最高峰で、標高は2577メートル。国内ではこれより北や東に奥白根山より高い山はない。深田久弥の日本百名山のひとつとされている。

戦場ヶ原

栃木県日光市

男体山の神と赤城山の神が中禅寺湖を争った「戦場」であったという伝説が伝わる場所。広大な湿原地帯で、ノハナショウブなどの高山植物を数多く見ることができる。展望台から見渡す景色も素晴らしい。

光徳牧場

栃木県日光市中宮祠2452

光徳沼の北側に位置する牧場で、敷地面積は約3万平方メートル。年間を通じて牛や馬が放牧され、のんびりとした牧場らしさを楽しむことができる。絞りたての牛乳やアイスクリームも味わえる。

泉門池

栃木県日光市戦場ガ原自然研究路

戦場ヶ原自然研究路の道の途中にある池。湧き水からできおり、透明度の高いきれいな池。池にはマガモもいる。周囲にテーブルや椅子があり、休憩もできる場所。

小田代ヶ原

栃木県日光市

戦場ヶ原の西、約65万平方メートルに広がる湿原地帯。ミズナラやカラマツなどの木々が生い茂り、雄大な自然を体感できる。紅葉の季節は特に美しい。道ながらに高山植物を見ることもできる。

山王林道

栃木県日光市

奥日光から奥鬼怒へと続く峠越えの道。林道の周囲の紅葉がとても美しい。冬は通行止めとなる時期があるので注意。

光徳沼

栃木県日光市光徳

逆川の上流にある小さな沼で、周囲の山々が水面に映る姿が美しい。紅葉の季節は白樺などの景観が見事。

青木橋

栃木県日光市中宮祠

菖蒲ヶ浜から湯滝へと続くハイキングコースの途中に架かっている橋。周囲には高山植物や湿原植物など自然が溢れている。

二荒山神社中宮祠

栃木県日光市中宮祠2484

784年、勝道上人が創建した寺。二荒権現が祭られている。中宮祠の名は、男体山の山頂にある奥宮と、山の中にある本社の中間にあることから付けられたとされる。

華厳の滝

栃木県日光市中宮祠2479-2

袋田の滝・那智の滝と並んで、日本三名瀑の一つとされる滝。高さ97メートルの絶壁から水の落下するダイナミックな姿に圧巻される。新緑や紅葉の景観も素晴らしい。

中禅寺湖

栃木県日光市

日本の代表的な湖ともいえる、有名な湖。標高1269メートルの高地にあり、男体山の麓に広がっている。釣りスポットとしても知られ、遊覧船や湖畔のキャンプなどを楽しむこともできる。

竜頭の滝

栃木県日光市中宮祠

途中から2つに分かれた滝が滝壺に落ちる様子が、竜の頭に見えることが名前の由来の美しい滝。特に紅葉やツツジの季節の景観は見事。

いろは坂

栃木県日光市

日光市街から奥日光へと続く道路にある坂で、紅葉や湖、滝の眺めが大変美しい場所。道路には48のカーブがあり、「いろは・・」の名が順に付けられている。

イタリア大使館別荘記念公園

栃木県日光市中宮祠2482

1928年にアントニン・レーモンドの設計により建築され、その後1997年までイタリア大使館の別荘として使われた場所。現在は公開されており、家具などが復元されている。

明智平

栃木県日光市細尾町深沢709-5

四季折々の景観が美しく、中でも紅葉狩りで非常に有名な場所。ロープウェイの先にある明智平展望台は、男体山、華厳ノ滝、中禅寺湖などを眺めることのできる絶景スポット。

さかなと森の観察園

栃木県日光市中宮祠2482-3

広大な敷地を有する淡水魚の研究所で、一部は一般公開されている。ニジマス、ヒメマス、チョウザメなど様々な魚を観察でき、給餌体験もある。

中禅寺(立木観音堂)

栃木県日光市中禅寺歌ケ浜2578

784年、日光山の開祖とされる勝道上人によって建立された天台宗の寺。本堂には十一面千手観音菩薩像・立木観音が祭られている。

明智平ロープウェイ

栃木県日光市細尾町深沢709-5

明智平駅と明智平展望台駅を結ぶロープウェイ。明智平展望台駅は標高1373メートルの高さに位置する。展望台からは日光の景色の大パノラマを堪能することができる。

西ノ湖

栃木県日光市

中禅寺湖の西に位置する小さな湖。昔は中禅寺湖の一部だったが、土砂の蓄積などによって独立した湖となった。周囲が自然に囲まれた静かな場所。車での乗り入れは禁止されており、低公害ハイブリッドバスで近くまで訪れることができる。

宝物館(二荒山神社)

栃木県日光市中宮祠2484二荒山神社中宮祠

二荒山神社中宮祠の境内に建てられた宝物館。日本一の大太刀「称々切丸」があることで知られている。他に男体山頂祭祀遺跡の出土品、南北朝時代の神輿なども持つ。

半月山展望台

栃木県日光市中宮祠

中禅寺湖を一面に見渡せる展望台。中禅寺湖スカイライン終点から約20分程度上った場所にある。特に紅葉の季節の光景が大変美しい。

茶ノ木平

栃木県日光市中宮祠

日光の雄大な景色を一望できるスポット。中禅寺湖や男体山、戦場ヶ原など、季節に応じて景色が移り変わりいつ行っても楽しめる。特に紅葉の季節の景色はおすすめ。

しゃくなげ橋

栃木県日光市中宮祠

橋の上からは、湯川の独特の流れを見ることができる。湯滝へと向かうハイキングコースの途中にある橋。低公害ハイブリッドバスの停留所もそばにある。

中禅寺湖畔ボートハウス

栃木県日光市中宮祠2485-8

デッキからは中禅寺湖を見渡せるボートハウス。昭和22年に、アメリカのリゾートの建物を参考に建築されたと言われている。

日光杉並木

栃木県日光市

日光街道、例幣使街道、会津西街道の3街道が重なるところにある、江戸時代に作られた杉並木。約1万3000本の杉が立ち並び、世界一長い並木としてギネスブックにも載る。江戸時代に想いを馳せながら歩きたい。

日光田母沢御用邸記念公園

栃木県日光市本町8-27

嘉仁親王(後の大正天皇)の御静養地として建てられた御用邸で、木造建築物としては国内最大規模のものである。部屋は106室あり、主要な部屋を見学することもできる。樹齢400年の枝垂れ桜などがある庭園は、四季折々の彩りが美しい。

日光植物園

栃木県日光市花石町1842

東京大学大学院理学系研究科附属植物園の、日光分園にあたる植物園。敷地面積は約10万4000平方メートルと広大。園内では、ニッコウキスゲなど約2200種類の植物を見ることができる。

銀嶺

栃木県日光市下鉢石町806

日光市門前通りに位置する染め工房。藍染や革製品などを販売。染めの体験教室もあり(有料、要予約)、藍染めでオリジナルのハンカチを作ることもできる。

杉並木公園

栃木県日光市瀬川

日光の杉並木の保護と地域文化への貢献を目的に造られた公園。園内には14基の水車がある。中には直径10メートルになる大水車も。

低公害バス

栃木県日光市相生町8-1

環境保護を目的に、国道120号から小田代原へと続く道路は車での乗り入れが禁止されている。その代わりの交通手段として、低公害ハイブリッドバスが用いられている。

一ノ鳥居(日光東照宮)

栃木県日光市山内2301日光東照宮内

東照宮入口に立つ石造りの大きな鳥居で、高さは9メートル。1618年、黒田長政により奉納された。石材は、九州から小山まで海路で運ばれた後、日光まで陸路を人力で運ばれた。

五重塔(日光東照宮)

栃木県日光市山内2301日光東照宮内

東照宮の一ノ鳥居のすぐ先にある塔。高さは36メートルで朱塗りの見事なもの。特に初層の十二支の彫刻が素晴らしい。1648年に小浜藩主酒井忠勝公によって奉納され、その後火災にあい、1818年に同藩主の酒井忠進公によって再建された。

表門(日光東照宮)

栃木県日光市山内2301日光東照宮内

東照宮最初の門で、東照宮五重塔広場の正面に立つ朱塗りの門。左右には、「阿」(あ)、「吽」(うん)の一対の仁王像が安置されており、仁王門とも呼ばれている。後ろには金色の狛犬、柱の上部には動物など66の彫刻がある。

神輿舎(日光東照宮)

栃木県日光市山内2301日光東照宮内

東照宮境内陽明門近くに位置する、入母屋造の建物。春秋渡御祭の千人武者行列で使われる、三基の神輿が納められている。秀吉公、家康公、頼朝公の神輿がある。

三神庫(日光東照宮)

栃木県日光市山内2301日光東照宮内

東照宮にある上神庫・中神庫・下神庫は総称して三神庫と呼ばれる。この中には「百物揃千人武者行列」で使用される1200人分の馬具や装束類が収められている。また上神庫の屋根下には、東照宮三彫刻の一つである、狩野探幽下絵の「想像の象」の彫刻が施されている。

輪蔵(日光東照宮)

栃木県日光市山内2301日光東照宮内

東照宮の境内にある、極彩色の彫刻が特徴的な建物。屋根は重層宝形造で二重になっており、軒の裏までかざり金具が施されている。内部には、輪蔵とよばれる八角形の回転式大書架がある。輪蔵には天海版の一切経1456部、6323巻が置かれていた。

本地堂(日光東照宮)

栃木県日光市山内2301日光東照宮内

寛永の大造替のときに建てられた、東照宮最大の建物で高さは15メートル。極彩色の華麗な建築物。東照宮の祭神・徳川家康は薬師如来の化身であると考えられたことから、内部には薬師如来を安置している。また天井には有名な鳴龍が描かれている。

陽明門(日光東照宮)

栃木県日光市山内2301日光東照宮内

東照宮の目玉とも言える門で、江戸初期の装飾技術を極めた彫刻が特徴的。12本の円柱が支える高さ約11メートルの門。極彩色の豪華な美しい造りで、日暮れまで見ても飽きないことから日暮門とも呼ばれる。

神厩舎(日光東照宮)

栃木県日光市山内2301日光東照宮内

東照宮の上神庫の向かいにある厩舎で、神に仕える馬をつなぐためのもの。素木造りの簡素な建物。長押上には有名な三猿の彫刻が施されている。

唐門(日光東照宮)

栃木県日光市山内2301日光東照宮内

東照宮の本殿・拝殿の正門にあたる門。「許由と巣父(きょゆうとそうほ)」や「舜帝朝見の儀(しゅんていちょうけんのぎ)」などの細かい彫刻が施され見事。

奥社(日光東照宮)

栃木県日光市山内2301日光東照宮内

東照宮の境内を進み、207段の石段の先にある場所が奥社と呼ばれる。奥社は拝殿・鋳抜門・御宝塔からなり、徳川家康の眠る墓所となっている。

眠猫

栃木県日光市山内2301日光東照宮内

東照宮の境内、東廻廊潜門の蟇股(かえるまた)にある、うたた寝をする猫の有名な彫刻。猫の裏側には仲良く遊ぶ雀の彫刻があり、猫と雀を合わせて平和を象徴している。江戸初期の名工・左甚五郎の作と伝わる。