久慶門

沖縄県那覇市首里金城町 1-2
http://oki-park.jp/shurijo-park/

城門ということもあって石塀もかなりの高さがあります。アーチ状の門も石造りです。現在は首里城観覧の出口となっています。

住所沖縄県那覇市首里金城町 1-2

久慶門を含むリスト

【沖縄】沖縄の歴史的建造物、見ておきたいのはこちら
独特の個性を持つ沖縄の歴史的建造物。沖縄の歴史や、風土を肌で感じることのできるスポットを集めてみました。

久慶門の近くにあるプレース

首里城跡

沖縄県那覇市首里金城町1-2

琉球王国の王城の遺跡です。太平洋戦争で建築物は全焼しましたが、土台の上に建物が再建され、往時の様子を忍ぶことができます。沖縄最大の観光地でもあり、ドライブで近くまできたら必ず寄りたい場所です。

正殿(首里城)

沖縄県那覇市首里金城町1-2

琉球王国の象徴と言える首里城、その主要建造物が正殿です。美しい真紅の建造物は、世界でもあまり見ることができません。

首里城

沖縄県那覇市首里金城町1-2

沖縄独特の風水思想に基づいて築城されたという首里城周辺は、様々な守護のパワーで守られているそうです。海風を受けながら、南国の光溢れる城壁の間を歩いていると、心身に活力が満ちるようです。

漏刻門

沖縄県那覇市首里金城町1-2

名前の由来はやぐらに水槽を置いて、漏れてくる水の量で時間を計った水時計があることからきています。階段を登ってくぐります。

首里城正殿

沖縄県那覇市首里当蔵町3丁目1

とても迫力があり。在りし日の王国の姿が偲ばれます。二層三階建てになっていて、龍柱の姿も素晴らしいですね。琉球独自の形式を見ることができます。

歓会門(首里城)

沖縄県那覇市首里金城町1-2 (首里城公園管理センター)

首里城の正門にあたる門。石造りのアート門の上に木造のやぐらをのせた様式は日本でも珍しく、魔よけとしてシーサーが配置されているのが印象的

首里城(首里城公園)

沖縄県那覇市首里金城町1-2

琉球国王の居城として使われるとともに、政治・外交・文化・祭礼の中心の場で、華麗な琉球王朝の象徴ともいえる存在。沖縄戦で焼失されが、1992年に復元された。

園比屋武御嶽石門(首里城)

沖縄県那覇市首里首里城公園内

守礼門の近くにある石門で、国王が旅の安全を祈願したとされる祈願所。石門の後ろの森は、御嶽とされている。世界文化遺産に登録。

正殿(首里城)

沖縄県那覇市首里首里城公園内

琉球王国最大の木造建造物で、首里城の象徴的存在。二層三階建ての建物や、装飾化された龍柱は他にも類を見ないものであり、琉球独特の造りといえる。正殿では、国王や重臣の会議、王家の行事などが行われた。

御庭(首里城)

沖縄県那覇市首里首里城公園内

首里城の中心部にある広場。正面には「正殿」、南側に「南殿・番所」、北側には「北殿」に囲まれる。赤と白のラインが敷かれており、儀式の際に役人達が並ぶ目印にされたという。中央の「浮道(うきみち)」は、国王や中国皇帝の使者・冊封使(さっぽうし)など選ばれた人だけが通ることができた。