茅打バンタ

沖縄県国頭郡国頭村字辺戸
http://www.odnsym.com/spot/kayauti.html

バンダとは沖縄の言葉で崖を意味します。高さ80mの断崖絶壁で、下に見下ろす海はまさに絶景ポイント。足がすくむほど高い場所からのドキドキデートを楽しんじゃおう。

住所沖縄県国頭郡国頭村字辺戸

茅打バンタを含むリスト

【沖縄】沖縄の海岸・岬デートスポットです
沖縄といえばやっぱり海。沖縄の爽やかで美しい海はデートに最適です。一押しの海岸・岬をご紹介するので忘れずチェックしてみてください。

茅打バンタの近くにあるプレース

芽打バンタ

沖縄県国頭郡国頭村字宜名真

本島最北端の辺戸岬の付近にある断崖絶壁。高さ80mの断崖絶壁から見下ろすとイラブチャー等の魚が泳いでいます。

茅打ちバンタ

沖縄県国頭郡国頭村字宜名真

辺戸岬近くの崖のことで、高さ80mもの断崖絶壁です。足がすくむほどの高さですが、目の前には沖縄ならではの青い海と広い空が広がり、一見の価値ありです。

茅打ちバンタ

沖縄県国頭郡国頭村宜名真

沖縄海岸国定公園に含まれる、高さ100メートルの断崖絶壁。伊平屋島や伊是名島を見渡す事が出来ます。眼下に広がる美しい海と、夕焼けのコラボレーションも最高です。

茅打バンタ

沖縄県国頭郡国頭村宜名真

沖縄本島最北端にある高さ80mの断崖。束ねた茅を崖から投げるとバラバラになることにちなみ名づけられた断崖からは青く澄んだ海を眼下に望む事が出来ます。

茅打バンタ

沖縄県国頭村宜名真

宜名真トンネルの上に位置する、高さ80mの切り立った断崖。重ねた茅を崖から落とすと、強風に打たれてバラバラになったことがその名の由来(パンダは崖の意味)。崖の上の展望台からは、圧倒感のあるダイナミックな光景を見渡すことができる。

安須杜(金剛石林山)

沖縄県国頭村字辺戸973

沖縄本島の最北端、辺戸岬にある聖地です。地元では黄金森(クガニムイ)と言われ、沖縄の祖神が島を作ったとされる地です。2億年前の石灰岩層が隆起した岩山がの景色が見所。

大石林山(安須杜)

沖縄県国頭郡国頭村字辺戸973-3

琉球王国を作った神が宿るという聖地です。独特の岩山が三つ並んでいますが、其々に意味があるようです。観光スポットとしても魅力の風景です。

大石林山

沖縄県国頭郡国頭村字宜名真1242-1

沖縄のパワースポットとして知られている場所です。4つの散策コースがあり、自然と触れ合うことができます。

金剛石林山

沖縄県国頭村辺戸973

沖縄の辺戸岬の近くにある観光スポットです。いろいろなコースで自然を楽しむことができます。レストランも完備されていますので食事ついでに行ってみては?

大石林山

沖縄県国頭郡国頭村宜名真1241

県北部にあります。亜熱帯植物があったり、巨大な岩があったり、パワースポットの一つだそうです。トレッキングコースにもなっています。