日刊スポーツ社員食堂

東京都中央区築地7-2-1 日刊スポーツ印刷社別館2階
http://www.nikkansports.com/

スポーツ新聞社の社員食堂ですが、驚くほど安くてボリューム満点!220円のかけそばに始まり、カレーや丼のセットメニューまで最高のコストパフォーマンスです。

住所東京都中央区築地7-2-1 日刊スポーツ印刷社別館2階

日刊スポーツ社員食堂を含むリスト

【東京】誰でも気軽に食べられる学食&社食
学生じゃなくても、そこで働いていなくてもだれでも食堂でご飯が食べられます!栄養バランスの良いお食事を食べにきてください

日刊スポーツ社員食堂の近くにあるプレース

創作料理とへぎそば処 うち田

東京都中央区築地7-8-7

天丼にお蕎麦にロースかつ定食と1000円未満でお腹が満たされる行列店。ボリュームもあるのでサラリーマンのランチにも好評です。

芥川龍之介生誕の地

東京都中央区明石町10 聖路加国際病院前

現在の明石町で近代文豪の芥川龍之介は生を受けました。文学界への登竜門となっている「芥川賞」は、芥川龍之介にちなんで、昭和18年、文藝春秋社が設けた文学賞です。

ポプラ

東京都中央区築地7-10-10

350円とリーズナブルなモーニングはドリンクに日替わりのパンがつく。店内にはフクロモモンガがいてそれを目当てにくるお客さんも多い。

芥川龍之介生誕の地

東京都中央区明石町10付近

羅生門や鼻などの名作を生みだした芥川龍之介の生誕の土地です。 夏目漱石の門下で、いまでは文学賞の名前の由来にもなっています。

浅野内匠頭邸跡

東京都中央区明石町10・11

浅野内匠頭長矩といえば、忠臣蔵で吉良邸討ち入りをした赤穂浪士たちの藩主として有名ですよね。その守屋跡が史跡として石柱が建てられています。

浅野内匠頭邸跡

東京都中央区明石町12先

忠臣蔵の赤穂藩主で有名。現在は石碑のみだが、当時は9000坪も敷地があり、現在石碑の横にある聖路加病院もお屋敷であったとされている。

あかつき公園

東京都中央区築地7-19-1

東京の真ん中にいることを忘れてしまいそうな閑静な公園です。子供向けの遊具もあり、普段のびのびと遊べない子供たちにとってはオアシスのよう。広場も広いので、散歩やランチタイムに大人の憩いの場としても。

プープールー

東京都中央区築地7-4-4 恒陽サンクレスト築地 1F

フレンチやイタリアンをも感じさせるオシャレな店内同様、料理も中華の枠にとらわれない様々なテイストに仕上がっているので視覚・味覚で堪能できるオススメのレストラン

蘭学事姶地・慶応義塾開塾の地

東京都中央区明石町10 

「聖路加病院前」交差点に「蘭学事姶地・慶応義塾開塾の地」の碑が建っています。福沢諭吉が蘭学を教えるための塾を開いた場所です。慶応4年に芝へ塾を移して、その時の年号をとって慶応義塾と名付けました。

浅野内匠頭邸跡

東京都中央区明石町10

忠臣蔵でおなじみの浅野内匠頭長矩の屋敷跡で、ひっそりとたたずんでいるので普段ならそのまま通り過ぎてしまいそうだけれどしっかりと歴史を感じたい。