赤心館跡

東京都文京区本郷5丁目5
http://loco.yahoo.co.jp/place/g-oUZLZPHymrk/
訪問ログをつける

歌人として有名な「石川啄木」が、下宿をしていた場所です。その頃、金田一京助もここで下宿していたそうです。

住所東京都文京区本郷5丁目5

赤心館跡を含むリスト

【東京】歴女もそうでない人も!おすすめの史跡を集めました。
都内で歴史探索してみませんか?見慣れた街中にも古の文化に触れられる場所が意外にあるんです。感性を刺激するおすすめスポット、癒しを求めて是非どうぞ!
【東京】歴史を訪ねる至高の時間。東京の魅力ある史跡特集
歴史を訪ねる至高の時間を満喫できる、東京でも特におすすめの史跡をチョイスしています。幕末のロマン、文明開化の足跡などなど興味の尽きないスポットがいっぱいです。

赤心館跡の近くにあるプレース

本郷菊富士ホテル跡

東京都文京区本郷5-5

大正時代から昭和初期にかけて、数多くの著名人が訪れたホテル跡。残念ながら第二次世界大戦の際、東京大空襲により焼失してしまいましたが、現在はその場所に石碑が残されています。

菊富士ホテル跡

東京都文京区本郷5-5

明治時代の下宿、菊富士楼が前身。大正時代にホテルへ建て替えられた。戦争により消失したが、跡は残された。明治から大正を代表する著名人が多く滞在したことでも有名。

宮沢賢治旧居跡

東京都文京区本郷4丁目35-4

『銀河鉄道の夜』などの作品で知られる作家・詩人宮沢賢治が、1921年に上京した際住んでいた長屋があったとされる跡地。建物の姿こそないが、彼が生み出した多くの作品とともに、地道な活動が偲ばれます。

宮沢賢治旧居跡

東京都文京区本郷4丁目35

雨ニモマケズなどで有名な宮沢賢治の旧居跡。ここに来るだけで、彼が作った作品の世界に入り込んだ様な不思議な気分になりますね。

一葉旧居跡

東京都文京区本郷4-32 ・31

『にごりえ』『たけくらべ』などの小説で知られる樋口一葉ゆかりの地。そこにはこの旧居跡など、一葉の面影が残ります。

樋口一葉旧居跡

東京都文京区本郷4丁目32

明治時代の小説家、樋口一葉。かつて菊坂下町と呼ばれた場所に、一葉の旧居跡はあります。小説家になる事を決意、多くの作品を執筆した場所です。

キッチン まつば

東京都文京区本郷4-34-17

衣がサクサクした、甘過ぎない大人のカニクリームコロッケ。近所の人や常連さんで賑わう人気店。昔ながらの洋食屋さんという雰囲気。

樋口一葉旧居跡

東京都文京区本郷4-32 ・31

明治を代表する女流小説家、樋口一葉の旧住居跡。父の死後から数年間をこの地で過ごしたといわれている。小説の勉強をし、初作を作ったときは、この地に住んでいたといわれている。

まるや肉店

東京都文京区本郷4-36-4

一個100円の菊坂コロッケ。ひき肉たっぷりで、じゃがいもがゴロゴロ入っていて、他にもかぼちゃコロッケなどがあります。やっぱり男子には揚げ物でしょう。

鳳明館本館

東京都文京区本郷 5-10-5

都会の真ん中に位置している、静かで風情ある和風お宿。立派な日本庭園もあります。職人魂がこもったお部屋で、思い切りくつろぐことができます。