セメント工業発祥の地

東京都江東区清澄1丁目
http://hamadayori.com/hass-col/tech/cement...

1872年、大蔵省土木寮が初めてセメント製造所を設けた場所です。江東区の文化財に登録されている、海中から引き上げられたコンクリートの塊が置かれています。

住所東京都江東区清澄1丁目
カテゴリ

セメント工業発祥の地を含むリスト

【東京】深川に有る歴史を感じられる散歩スポットをご案内
東京の深川には下町の歴史が色濃く残っています。そんな深川を散歩しながら歴史ある場所を巡って、歴史の深さを実感しましょう。

セメント工業発祥の地の近くにあるプレース

平賀源内エレキテル実験の地

東京都江東区清澄1-2

エレキテル(摩擦起電器)の実験で有名な電気学者の平賀源内の自宅があった場所。源内は科学者としてだけでなく文人など多才に活躍した。

セメント工業発祥の地

東京都江東区清澄1-2

日本で初のセメント工場発祥の地として有名です。敷地内には、セメント発祥の石碑が展示してあります。国内初のセメント製造過程を写真パネルで展示しておりセメント作りの成功と失敗の歴史を学ぶことができます。

Tomio Koyama Gallery

東京都江東区清澄1-3-2-7F

清澄白川駅から歩いて5分の丸八倉庫ビルにある現代アートのギャラリーで、日本や海外の現代美術作家達の個展・企画展を行っています。

SHUGOARTS

東京都江東区清澄1-3-2 , 5 階

海外、国内を問わず、現代で活躍する個性的なアーティストたちの作品を展示しています。都会ならではの作品が見られます。

小山登美夫ギャラリー

東京都江東区清澄1-3-2-7F (丸八倉庫ビル)

7階と6階にある倉庫を改装したギャラリー・スペースでは、日本や海外のギャラリーアーティストを中心に作品を展示しています。現代美術に触れながらここ豊かになるようです。

清澄公園

東京都江東区清澄2-2

広場を中心にさまざまな樹木が植えられています。 小川の近くなので川を見ながらふっくりと散策したり、鳩を眺めたりすることができ安す。

Taka Ishii Gallery Modern(タカ・イシイギャラリー モダン)

東京都江東区清澄1-3-2 5F

基本的な重点をグラフィックに置きながら、日本における代表的な写真家や新進気鋭の日本人作家、そして国際的評価の高い海外作家のアートを幅広く扱っています。

よみうりカルチャー自由が丘

東京都江東区清澄1丁目2番1号読売江東ビル6F

人気のカルチャーセンターがこちら。様々な運動を習うことが出来るので選びやすいですよ。御年輩の方も多くいます。

Gallery Terra Tokyo

東京都江東区清澄1-3-2 丸八倉庫ビル6階

たくさんのアーティストによる現代アート、コンテンポラリーアートが多数展示されており、期間限定のイベント展示では新鮮なアートに触れることができる。

平賀源内エレキテル実験の地

東京都江東区清澄1-2-1 (読売江東ビル)

オランダから長崎に持ち込まれた医療用に使用されていたエレキテルの修復をした人物として有名な平賀源内の歴史に触れられる場所です。他にも、万歩計や寒暖計、磁針器など100種もの発明品があるようです。