神楽坂毘沙門天

東京都新宿区神楽坂5-36
http://www.kagurazaka-bishamonten.com/

日蓮宗の寺院で、徳川家康が開基しました。ここの毘沙門天像は新宿区指定有形文化財。普段は御簾がかかって見えませんが、毎年数回、御開帳の日に見ることができます。

住所東京都新宿区神楽坂5-36
カテゴリ

神楽坂毘沙門天を含むリスト

【東京】休日は東京で名刹巡りをしませんか
休日はショッピングや食事を楽しむのもいいですが、東京で名刹巡りをしてみるのもいいですよ。普段目にしない建物を見てみるのも楽しいですよね。
【東京】由緒ある古寺を巡って歴史を感じよう。
東京には歴史ある建物が多くあります。その中から由緒ある古寺の情報をまとめてみましたので、古寺を巡りながら東京の歴史を感じるのも面白いと思いますよ。

神楽坂毘沙門天の近くにあるプレース

毘沙門天 善国寺

東京都新宿区神楽坂5-36

サンスクリット語でビシュラバナと表記するビシャモンとは、全てを聞くという意味です。多くの人たちから信仰される毘沙門天像が祀られています。

毘沙門天 善國寺

東京都新宿区神楽坂5-36

開運、厄除けの毘沙門さんです。厄除祈願に多くの方がご祈祷を受けに来ます。また、節分のときに豆まきをしたい方は初穂料を納めると豆まきに参加できます。

善國寺

東京都新宿区神楽坂5丁目36

七福神の1人、毘沙門天を祀っている。1595年の創立以来祀られている毘沙門天像は、毎年3回開帳されている。

善國寺(神楽坂毘沙門天)

東京都新宿区神楽坂5-36

文禄4年(1595年)に創建された400年以上の歴史を持つお寺。毘沙門天はインド出身の神様で、ここ善國寺の毘沙門天は開運、厄除けの神様として知られています。

善國寺 昆沙門天

東京都新宿区神楽坂5-36

幸福を祈る行事として、山の手七福神めぐりがあります。1時間半かけてのんびりと散策しながら幸せを祈るのも、またいいですね。

毘沙門天

東京都新宿区神楽坂5-36

1595年に創設されたお寺で本当の名前は善國寺という。毘沙門天はインドの神様で七福神の1人。正月と5月と9月の寅の日が御開帳日になっています。

神楽坂 石かわ (いしかわ)

東京都新宿区神楽坂5-37 高村ビル 1F

日本の誇る旬と素材の力を生かした料理を豊かな時間と和やかな記憶でお楽しみいただけるように、と独特のコンセプトをもった店。

神楽坂 石かわ

東京都新宿区神楽坂5-37  高村ビル 1F

懐石料理で評判の高い神楽坂の一軒です。薄暗い店内も雰囲気抜群。静かにお食事を楽しみたい時にオススメのお店です。個室もあり、ゆっくりとくつろぐことができます。

神楽坂 石かわ

東京都新宿区神楽坂5-37 高村ビル1F

洗練された一流の和食で知られる有名店。サービスも一流で、絶妙タイミングで次の料理を運んできてくれます。久しぶりの大切な女友達との会食のためなら、予約待ちをしてでも行きたいお店です。

ちゃんこ黒潮

東京都新宿区神楽坂3-6-3

元力士、琴黒潮の作る秘伝ちゃんこ鍋を味わえるお店です。化粧回しや賜杯などが飾られ、相撲部屋の雰囲気が漂う店内で頂くちゃんこ鍋は、コラーゲンたっぷりの深い味わいに感激します。