築地カトリック敦会

東京都中央区明石町5-26
http://tsukijicatholic.jp/

東京で最初に建てられた教会で、聖ヨゼフを保護者として仮聖堂がたてられました。 昔の姿のままある、その歴史を感じる事のできる教会はぜひ一度は訪れてみたいですね。

住所東京都中央区明石町5-26
カテゴリ

築地カトリック敦会を含むリスト

【東京】歴史の新たな再発見、東京歴史散策のご案内
東京の名所をたどり、歴史の勉強に浸るのもGOOD!数々の名場面や偉人たちの当時にタイムスリップしませんか?

築地カトリック敦会の近くにあるプレース

カトリック築地教会聖堂

東京都中央区明石町 五丁目26番

カトリックの歴史を感じさせる教会は、よくも悪くも歴史に振り回されました。その重さを感じることができる神聖な場所です。

カトリック築地教会聖堂

東京都中央区明石町5-26

東京で最古のカトリック教会。区指定の文化財でもある。毎週末はミサが開かれる。不定期ではあるが、キリスト教の勉強会も開かれている。

カトリック築地教会

東京都中央区明石町5-26

東京で比較的早い段階から日本人の為に開かれていた教会で、区民文化財にも指定されています。 そのうつくしい建物を見に行くだけでも、清らかな気分になりそうです。

ilPIENO

東京都中央区明石町2-16 メゾンドール明石1F

明るく、どこか落ち着ける雰囲気です。生パスタを使ったパスタメニューは人気がありそう。ランチにも使えます。

日本近代文化事始の地

東京都中央区明石町

聖路加国際病院近くにある記念碑。この場所は福沢諭吉が開校した慶應義塾大学発祥の地でもあり、蘭学医・前野良沢が解体新書を作り上げた場所でもあります。

蘭学事始地

東京都中央区明石町11先

「解体新書」で有名な杉田玄白の博物館です。「蘭学事始」は解体新書の苦労話などが描かれています。周辺の散策も気持ちよいですね。

蘭学事始地

東京都中央区明石町9

聖路加病院前の交差点の中に「蘭学事始の地」の石碑が建っています。前野良沢が杉田玄白らと「解体新書」を完成させた豊前中津藩奥平家があった場所です。「蘭学事始」は杉田玄白がその時の苦労を書いたものです。

すし処築地

東京都中央区明石町5-15 明図ビル1F

新鮮な魚介類や生鮮食材を、落ち着いた雰囲気の中でいろいろな趣向でいただけます。寿司だけでなく、本流の日本料理のメニューも多数用意されています。一人の食事から多数の宴会まで、幅広い用途で利用できます。

ESPERANCE

東京都中央区明石町9-1  聖路加国際病院1F

聖路加病院内にあるおおきな窓がある開放的なレストランです。車椅子でも入りやすいように配慮されています。ランチも人気ですが、アメリカンモーニングもパンと卵やソーセージ、ヨーグルトなど盛りだくさんです。

蘭学事始地

東京都中央区明石町10先

「蘭学事始」の著者は杉田玄白で、明治2年に出版したのは福沢諭吉でした。杉田玄白が「解体新書」を出版したのは40歳を超えてから。人生50年を考えると、努力が察せられます。晩年の回想録が「蘭学事始」です。