幸田露伴住居跡

東京都墨田区東向島1-7-12
http://www.jalan.net/kankou/130000/137400/...

東向島にある幸田露伴の三番目の住居跡。現在は露伴児童遊園になっています。下町の風情あふれる一角にある、歴史スポットの一つです。

住所東京都墨田区東向島1-7-12
カテゴリ

幸田露伴住居跡を含むリスト

【東京】歴史が巡れるオススメの散策ルート
新しい建物の中に、自然とひっそりと佇む歴史的建造物。いつもは気に留めないけど、ちょっと目を向けるとより充実した散策になりますよ。そんなオススメスポットをご紹介します。

幸田露伴住居跡の近くにあるプレース

幸田露伴の文学碑

東京都墨田区東向島1-7-11

五重塔、運命などの作品を生み出した文豪・幸田露伴。その幸田露伴が自ら設計し「蝸牛庵」と名付けた家の跡地が児童公園となり、現在はその場所に運命の一刻が刻まれた碑が立っている

とんかつひろ

東京都墨田区東向島1-4-5

地蔵坂通りにある地元で愛されるとんかつ屋さんです。とんかつ定食はごはん、みそ汁と付け合せの漬物がついて780円とリーズナブル。

おしあげ煎餅本舗

東京都墨田区東向島3-32-8

創業昭和元年のお煎餅本舗。今の昔も愛される堅焼き煎餅は下町の慣れ親しんだ味。浅草を訪れたら是非お土産にしたい一品です。

志"満ん草餅

東京都墨田区堤通1-5-

生のよもぎだけを使った、草餅。創業百十数年を超える、上品なお菓子です。美しい日本の“緑”が、口いっぱいに広がって行くでしょう。

向じま 志" 満ん草餅

東京都墨田区堤通1-5-9

創業から百十余年、“生のよもぎ”だけを使っているという草餅は食べる伝統と言えます。界隈の散策と合わせて楽しみたい。

志満ん 草餅

東京都墨田区堤通1-5-9

創業以来百十余年、生のよもぎだけを使用してきたというこだわりの草餅や大福などはよもぎの香りが清々しく爽やか。一度食べたら忘れられない美味しさです。

志"満ん草餅

東京都墨田区堤通1丁目5-9

明治2年の創業来すべて手作業で作られている草餅が人気。餡入りと餡なしがあり、餡なしには黄粉と白蜜をかけて食べる。蓬の香りと黄粉の香ばしさ、そして白蜜の甘さがマッチして絶妙のおいしさに。

甘味処 満喜

東京都墨田区東向島3-27-9

下町で食べるスィーツには、レトロで和の雰囲気がよく似合うはずです。民家を改装したという店内で、まったりと。

きびだんご専門店 吉備子屋本店

東京都墨田区東向島 1-2-14

本物のきびを使っている、日本で唯一の「きびだんご専門店」です。注文するとそのおだんごを作る過程が見れるのがたのしいです。

吉備子屋

東京都墨田区東向島1-2-14

「桃太郎」の昔話で誰もが知り、戦前には大人気だったというおやつ、きびだんご。串に刺さったビー玉大の団子が懐かしいリアカーから出される、情緒あふれるお店です。