赤穂義士休息の地碑

東京都江東区佐賀1-6-2
http://tokyokoto.blog.shinobi.jp/%E4%BD%90...

徳川綱吉が喧嘩両成敗に反した行動に不満を持った人で結成された赤穂四十七士の一人、大高源吾守葉を奉った牌です。俳人としても有名であり、ちくま味噌の初代竹口作兵衛と親交が深かったようです。

住所東京都江東区佐賀1-6-2
カテゴリ

赤穂義士休息の地碑を含むリスト

【東京】東京深川の歴史にまつわるスポットを巡ろう
活気あふれる東京にもあまり知られていない静かな場所があります。深川にまつわる名所を巡って歴史に触れよう。

赤穂義士休息の地碑の近くにあるプレース

赤穂義士休息の地

東京都墨田区両国1丁目付近

赤穂浪士の一行が本所松坂町の吉良邸討入り後、甘酒の接待を受けて休息したとされる場所です。この由来を記した碑が建立されています。

まぐろ家 本店

東京都江東区佐賀1-11-2

店名のとおり新鮮なマグロがメインのお店。丼ものはマグロともうひとつ、2種類の味が楽しめるものが人気のようです。一品メニューは家庭料理のようなホッとする味。

永代橋

東京都江東区永代~中央区新川

赤穂浪士が討ち入りの帰りに渡った橋として有名な永大橋。現在はシンプルなアーチ型の橋に架け替えられている。ライトアップが美しい。

亜州食堂

東京都江東区佐賀1-1-6 アイアンクォータビル1F

半蔵門線 水天宮前駅から徒歩7分。お勧めは、「ナム・ギョウ(タイ風激辛担々麺)」。とにかく辛いが、後に引かない辛さなので、辛いのが苦手な人でも癖になる。夜は水曜と金曜のみ営業。

永代公園

東京都江東区永代1-1-2

デートスポットや散歩、ジョギングコースとして人気の閑静な公園。長代橋、中央大橋、大川端リバーシティ21などを眺めることができる。

佐久間象山砲術塾跡

東京都江東区永代1-14

かつて、深川小松町と呼ばれた場所で佐久間象山は、旗本などに西洋砲術教えていました。門下生には、勝海舟・坂本龍馬など歴史的に有名人物も通っていたそうです。都内で幕末の歴史を巡ってみましょう。

永代橋

東京都中央区新川1丁目30-10

隅田川に架けられた橋で、夕刻から22時まではライトアップされたアーチが幻想的で優雅な演出をしてくれる。

永代橋

東京都中央区、江東区

赤穂浪士が討ち入りの帰りに渡った橋として、深川八幡祭りの神輿と人とが華やぐ橋として有名です。現在の橋は、大震災復興事業の最初の工事として架け替えられました。

永代公園

東京都江東区永代1

隅田川の岸辺にある公園。下流である南側にはライトアップされた中央大橋、周辺にはマンション群があり、夕暮れ時から眺めていると段々増えていく明かりを楽しむことが出来ます。

永代橋

東京都中央区、江東区 

深川と日本橋を結ぶ橋として作られた永代橋。赤穂浪士の討ち入りの際に渡ったとして、近くには赤穂浪士休息地の碑も建っています。