芥川龍之介生誕の地

東京都中央区明石町10 聖路加国際病院前
http://loco.yahoo.co.jp/place/g-Vc_FLZ6wjZk/

現在の明石町で近代文豪の芥川龍之介は生を受けました。文学界への登竜門となっている「芥川賞」は、芥川龍之介にちなんで、昭和18年、文藝春秋社が設けた文学賞です。

住所東京都中央区明石町10 聖路加国際病院前
カテゴリ

芥川龍之介生誕の地を含むリスト

【東京】歴史散策が楽しめる!人気観光スポット
歴史的名建築を楽しみながら散策できるスポットを紹介します。歴史のことが沢山学べるので子どもから大人まで楽しめます。
【東京】東京の築地で歴史を感じることができる散歩道
近代的な活気があふれる東京にも歴史を感じられる場所があります。築地をゆっくり散歩しながら歴史を感じよう。

芥川龍之介生誕の地の近くにあるプレース

芥川龍之介生誕の地

東京都中央区明石町10付近

羅生門や鼻などの名作を生みだした芥川龍之介の生誕の土地です。 夏目漱石の門下で、いまでは文学賞の名前の由来にもなっています。

浅野内匠頭邸跡

東京都中央区明石町10・11

浅野内匠頭長矩といえば、忠臣蔵で吉良邸討ち入りをした赤穂浪士たちの藩主として有名ですよね。その守屋跡が史跡として石柱が建てられています。

浅野内匠頭邸跡

東京都中央区明石町12先

忠臣蔵の赤穂藩主で有名。現在は石碑のみだが、当時は9000坪も敷地があり、現在石碑の横にある聖路加病院もお屋敷であったとされている。

浅野内匠頭邸跡

東京都中央区明石町10

忠臣蔵でおなじみの浅野内匠頭長矩の屋敷跡で、ひっそりとたたずんでいるので普段ならそのまま通り過ぎてしまいそうだけれどしっかりと歴史を感じたい。

築地川公園

東京都中央区明石町10-2

リード解放可能、小型犬専用エリア有のドッグランです。ベンチが多めに用意されているので、疲れたら気軽に休憩することができます。ぜひ飼い主同士の親交も深めてみてくださいね。

日刊スポーツ社員食堂

東京都中央区築地7-2-1 日刊スポーツ印刷社別館2階

スポーツ新聞社の社員食堂ですが、驚くほど安くてボリューム満点!220円のかけそばに始まり、カレーや丼のセットメニューまで最高のコストパフォーマンスです。

聖ルカ礼拝堂

東京都中央区明石町10-1

誰でも参加できる礼拝やオルガンコンサートで楽しめます。礼拝堂の不思議なパワーももらえ、心が穏やかになります。

聖路加国際病院 礼拝堂

東京都中央区明石町10-1

聖路加国際病院の発展に伴って、病気の回復を祈る場所として建てられました。 現在も祈りの場として患者さんやその家族の心のよりどころになっています

蘭学事姶地・慶応義塾開塾の地

東京都中央区明石町10 

「聖路加病院前」交差点に「蘭学事姶地・慶応義塾開塾の地」の碑が建っています。福沢諭吉が蘭学を教えるための塾を開いた場所です。慶応4年に芝へ塾を移して、その時の年号をとって慶応義塾と名付けました。

聖路加国際病院 トイスラー記念館

中央区明石町10番

宣教師によって建てられた病院です。 今ここは記念館になっていますが、むかしは西洋の医療技術で治療をしていたようです。