ズーアンドコー

ZOO&co

東京都台東区西浅草3-24-12
http://www.zoo-and-co.com
03-3847-5859

バイクとワンコ好きな地元のオーナーが、自らのガレージを改造して始めたカフェ&ダイニングバー。古き良きアメリカのバーといった趣の店内には、バイク好き、ワンコ好き、地元民が集まりまさに店名通り動物園のような雰囲気。フードはオリジナルメニューが充実しており、人気はロイヤルホワイトカレー。浅草合羽橋道具外からすぐという場所にあり、目の前は風の気持ちのいい公園になっている。

住所東京都台東区西浅草3-24-12
カテゴリ
行き方TX線浅草駅4分銀座線 田原町から10分日比谷線 入谷駅から8分
おすすめホワイトカレー タコライス おつまみ全般
利用シーン
  • 友達と
  • 家族と
  • 女子会
  • 宴会
  • 仲間
タグ
  • ハーレーダビッドソン
  • 大型モニター
  • 癒される
予約
予約可
営業時間火 11:00〜15:00
火 18:00〜23:00
水 11:00〜15:00
水 18:00〜23:00
木 11:00〜15:00
木 18:00〜23:00
金 11:00〜15:00
金 18:00〜23:00
土 11:00〜15:00
土 18:00〜23:00

ZOO&coの記事

ZOO&coを含むリスト

【関東】ペットと一緒にお食事、ペットメニューあり
犬好きさん必見!ペットと一緒にお食事ができる便利で素敵なカフェから本格派レストランまですべて紹介します。
【浅草】下町で寛ぎのカフェタイムをお過ごしいただけます。
浅草のカフェのご紹介です。下町を散策しながら素敵なカフェでお休みください。お店オリジナルのスイーツや珈琲、美味しいランチなどをお楽しみいただける、のんびりできるカフェのご紹介です。
【関東】実はワンちゃんも一緒に入れるドッグカフェなんです。
えっ、本当に?そうなんです、わんちゃんも一緒に入れます。一見ドックカフェとはわからないレストラン、カフェを紹介します。
【関東】わんこ繋がりのオフ会なら、このドッグカフェで
わんこを通じて知り合った「ワン友」とのオフ会なら、ここのドッグカフェへどうぞ。ご主人さまといっしょに、お友達を作ろうね。

ZOO&coの近くにあるプレース

合羽橋珈琲

東京都台東区西浅草3-25-11

ハンドドリップで丁寧に入れた珈琲を味わえる喫茶店。天井が高く開放感があり、木のぬくもりを味わえる贅沢な空間で落ち着いたひと時を過ごせます。建物の2階には雑貨店があり、器やてぬぐい等を販売しています。

合羽橋

東京都台東区松が谷 3-18-2

河童が洪水対策をしてくれたと言う伝説がある町です。かっぱ寺もあります。かっぱが町を守ってくれて商売が上手く行くと言う言い伝えがあります。

合羽橋珈琲 (カッパバシコーヒー)

東京都台東区西浅草3-25-11

シックな雰囲気の中で、コーヒーと紅茶を味わえます。 オリジナルブレンドはソフト・マイルド・ストロングがあり、自分に合ったコーヒーを楽しめます

soi Interior & Style Designs

東京都台東区西浅草3-25-11 合羽橋珈琲2F

合羽橋にある和雑貨のお店。オリジナルデザインの手拭い、作家物の器、アンティークの家具・食器などを販売。素材感をテーマに日常使いに楽しめるものが集められ、合羽橋ながら落ち着いた雰囲気の店内も魅力。

みくら

東京都台東区西浅草3-25-11 株式会社武藏屋製作所2階

500種類以上の箸を揃える、合羽橋の箸専門店。お箸には名前やメッセージを入れて、オリジナル箸を作ることもできる。店内は和風モダンな落ち着いた印象。記念品や引出物などの贈り物を探すのにも良いお店です。

本多製菓

東京都台東区西浅草3丁目23-12

昔懐かしい駄菓子を製造しているお店。中でもカラフルなセロハンに包まれたピースラムネは有名。ホッとできる休日には幼い頃の味を思い出す駄菓子がイチオシ。

高村製缶

東京都台東区松が谷3-18-12

昭和18年から続く老舗の容器店。ガラス、プラスチック、缶など500種類以上の保存容器が取り揃えられ、一般の人でも業者用のものが買える。

スリーウッド

東京都台東区西浅草3-23-14  1F

まるで森の中にいるような木々の多いバーです。落とされた照明の中モルトやラムを味わえます。シガーもそろっていますよ。

池波正太郎記念文庫

東京都台東区西浅草3-25-16 台東区生涯学習センター1階

池波正太郎ゆかりの地を紹介したガイドマップがあり作品の舞台を巡ることができる。館内の展示物の撮影には管理者の許可が必要。

池波正太郎文庫

東京都台東区西浅草3-25-16 台東区生涯学習センター1階

しっとりと粋を感じさせる池波正太郎の作風に触れることができます。江戸の下町を舞台にした数々の作品に触れ時代小説の奥深さを知ることができます。