小村井香梅園

東京都墨田区文花 2-5-8
http://www.omurai-katorijinja.jp/koubaien....

香取神社境内の一角に設けられた梅園。85種120本の梅が所狭しと植えられている。色々な品種、珍しい品種もあるのでゆっくりと違いを楽しみながら鑑賞するのもよいかもしれません。

住所東京都墨田区文花 2-5-8

小村井香梅園を含むリスト

【東京】東京の花名所、知らない方はチェックです
東京にもまだまだ知られていない花の名所がいっぱい。都心で見つける花や緑豊かなスポットや、郊外まで訪れたい花咲き乱れる公園、神社などなど。
【関東】春の訪れを感じる梅。花名所で今年最初の花を楽しんで
春の訪れを告げるかのように咲き始める梅の花。暖かくなりはじめた日差しのなかで、心穏やかに梅の花を楽しみませんか?

小村井香梅園の近くにあるプレース

小村井香梅園

東京都墨田区文花2-5

江戸時代の浮世絵師・歌川広重の描く浮世絵にもなるほどの梅園。毎年2月中旬から3月中旬にかけて、梅まつりが開催されています。

小村井梅園跡

東京都墨田区文花2-5

古くは江戸時代から「梅の名所」として親しまれている小村井梅園。1910年に水害にあい廃園となったが、平成6年に再開。2月には梅祭りも。東武亀戸線小村井駅より徒歩5分。

小さな博物館(墨田区)・合金鋳物博物館

東京都墨田区文花二丁目4番14号

身近なドアの取手など、合金の鋳物で作られたものの歴史を紐解いている博物館です。合金鋳物の製造工程のほか、奈良の大仏の作られ方などもパネルで分かりやすく示されています。

香梅園

東京都墨田区文花2-5-8

江戸の梅の名所である、香取神社の境内にあります。鳥居をくぐると両側に85種類120本の梅が植えられ、満開時の眺めは圧巻です。梅祭りには親子で参加して楽しむ事ができます。

小村井 香取神社

東京都墨田区文花 2-5-8

千葉県香取郡から移住した方々によって、創建された神社。この辺りを開拓したことから、開拓の神の経津主大神を祭神として祀っています。境内の梅園では、梅まつりが開かれます。

緑と花の学習園

東京都墨田区文花2丁目12-17

280種類、5100本もの植物が植えられていて、植物の観察や学習をするのにもってこいです。夏休みの自由研究にも良さそう。

緑と花の学習園

東京都墨田区文花2丁目12番17号

約280種類5100本の植物が栽培されている公園です。桔梗・紫陽花・ソテツ・ブドウなど多様な植物があり、熱心に緑化を目指しています。都会の中で、一度は訪れて自然に触れてみるのがいいでしょう。

つけめん おこぼれ屋

東京都墨田区文花2-4-14

魚粉がしっかりと感じられるトンコツ魚介スープが決め手のつけ麺をいただけるお店。口当たり優しい麺は、スープとの相性も良く、魚介系が好きな方にオススメの一軒

小さな博物館(墨田区)・合金鋳物博物館

東京都墨田区業平3-4-13-403

ドアの取手、階段の手摺などに使われる合金が展示されている博物館です。古い歴史の物も見れて子供の勉強にもなります。

合金鋳物博物館

東京都墨田区文花2-4-14

階段の手すりや、ドアの取っ手など、合金鋳物に関する歴史や資料が展示してあります。身近な物を学ぶことも良い経験になりますね。