聖路加国際病院

東京都中央区明石町9-1
http://www.luke.or.jp/

東京都の中央区にある病院。1874年にイギリス国教会長老派のヘンリー氏によって設立されました。今でも多くの方々が利用しています。

住所東京都中央区明石町9-1

聖路加国際病院を含むリスト

【東京】休日に行く、風情漂う東京の歴史スポット
休日に行く、風情漂う東京の歴史スポットを大特集。寺社仏閣・史跡をはじめ、水辺の情景まで、歴史空間を堪能する充実の時間を楽しめます。
【東京】都心で緑に出会えるスポット
東京といえば、ビル!都会!そんな中に不思議と一体感をかもしだしている、ビルとの相性も抜群!ビルと緑、お互いが尊重しあっている、不思議な空間です。

聖路加国際病院の近くにあるプレース

ESPERANCE

東京都中央区明石町9-1  聖路加国際病院1F

聖路加病院内にあるおおきな窓がある開放的なレストランです。車椅子でも入りやすいように配慮されています。ランチも人気ですが、アメリカンモーニングもパンと卵やソーセージ、ヨーグルトなど盛りだくさんです。

蘭学事始地

東京都中央区明石町9

聖路加病院前の交差点の中に「蘭学事始の地」の石碑が建っています。前野良沢が杉田玄白らと「解体新書」を完成させた豊前中津藩奥平家があった場所です。「蘭学事始」は杉田玄白がその時の苦労を書いたものです。

日本近代文化事始の地

東京都中央区明石町

聖路加国際病院近くにある記念碑。この場所は福沢諭吉が開校した慶應義塾大学発祥の地でもあり、蘭学医・前野良沢が解体新書を作り上げた場所でもあります。

蘭学事始地

東京都中央区明石町11先

「解体新書」で有名な杉田玄白の博物館です。「蘭学事始」は解体新書の苦労話などが描かれています。周辺の散策も気持ちよいですね。

蘭学事始地

東京都中央区明石町10先

「蘭学事始」の著者は杉田玄白で、明治2年に出版したのは福沢諭吉でした。杉田玄白が「解体新書」を出版したのは40歳を超えてから。人生50年を考えると、努力が察せられます。晩年の回想録が「蘭学事始」です。

築地居留地跡

東京都中央区明石町9

明治初期、築地明石付近は外国人居留地にしていされていました。そのためか、今でも異国情緒溢れる町並みが残っています。

タイムドーム明石

東京都中央区明石町12-1

隅田川のすぐ近くにある郷土天文館。プラネタリウムがある他、江戸の商業地・中央区の歴史が学べる。歴史を知った後の築地デートはより楽しい思い出になりそうだ。

カトリック築地教会

東京都中央区明石町5-26

東京で比較的早い段階から日本人の為に開かれていた教会で、区民文化財にも指定されています。 そのうつくしい建物を見に行くだけでも、清らかな気分になりそうです。

築地カトリック敦会

東京都中央区明石町5-26

東京で最初に建てられた教会で、聖ヨゼフを保護者として仮聖堂がたてられました。 昔の姿のままある、その歴史を感じる事のできる教会はぜひ一度は訪れてみたいですね。

カトリック築地教会聖堂

東京都中央区明石町 五丁目26番

カトリックの歴史を感じさせる教会は、よくも悪くも歴史に振り回されました。その重さを感じることができる神聖な場所です。