奉神門(首里城)

沖縄県那覇市首里金城町1-2
http://oki-park.jp/shurijo-park/index.html

首里城正殿のある御庭へ続く門のことです。中央の門は一部の高官用で、王に拝謁できる貴人だけがくぐることができました。王朝の栄華を伝える堂々とした門で、首里城にきたらぜひ見ておきたい場所です。

住所沖縄県那覇市首里金城町1-2

奉神門(首里城)を含むリスト

【沖縄】ドライブで訪れたい沖縄の城・城跡
沖縄ドライブでおすすめなのが城・城跡巡り。有名な首里城のほかにも、沖縄の文化や歴史を体感できるスポットを多数ご案内します。

奉神門(首里城)の近くにあるプレース

奉神門

沖縄県那覇市首里金城町1-2

正殿への入り口なので、今までの門とは格が違います。かなりの異彩を放っています。朱色の門が目にも鮮やかです。

首里城公園

沖縄県那覇市首里金城町1-2

沖縄と云えば真っ先に名前の挙がる超有名な名所です。朱色の美しい建物をただ眺めるもよし、毎日開催されている琉球舞踊や開門儀式のイベントを楽しむもよし。様々な楽しみが待っています♪

広福門(首里城)

沖縄県那覇市首里金城町1-2

首里城の第四の門です。福を行きわたらせるという意味を持つ門で、真紅の美しい門はパワースポットとしてオススメです。

広福門

沖縄県那覇市首里金城町1-2

首里城の第四の門といわれる所です。こちらの門をくぐると入場料がかかります。つまり、こちらが正殿への入場券売り場です。

首里城(首里城公園)

沖縄県那覇市首里金城町1-2

琉球国王の居城として使われるとともに、政治・外交・文化・祭礼の中心の場で、華麗な琉球王朝の象徴ともいえる存在。沖縄戦で焼失されが、1992年に復元された。

園比屋武御嶽石門(首里城)

沖縄県那覇市首里首里城公園内

守礼門の近くにある石門で、国王が旅の安全を祈願したとされる祈願所。石門の後ろの森は、御嶽とされている。世界文化遺産に登録。

正殿(首里城)

沖縄県那覇市首里首里城公園内

琉球王国最大の木造建造物で、首里城の象徴的存在。二層三階建ての建物や、装飾化された龍柱は他にも類を見ないものであり、琉球独特の造りといえる。正殿では、国王や重臣の会議、王家の行事などが行われた。

御庭(首里城)

沖縄県那覇市首里首里城公園内

首里城の中心部にある広場。正面には「正殿」、南側に「南殿・番所」、北側には「北殿」に囲まれる。赤と白のラインが敷かれており、儀式の際に役人達が並ぶ目印にされたという。中央の「浮道(うきみち)」は、国王や中国皇帝の使者・冊封使(さっぽうし)など選ばれた人だけが通ることができた。

広福門(首里城)

沖縄県那覇市首里首里城公園内

首里城第四の門で、「広く福を行き渡らせる」という意味を持つ名の門。首里城城門の特徴的な形式である、建物自体が門の機能を持つという方式の建築物。王朝時代には、この建物に士族の財産争いを調停する大与座と、社寺仏閣関係を扱う寺社座という役所が置かれていた。

右掖門(首里城)

沖縄県那覇市首里首里城公園内

15世紀頃に創建され、沖縄戦で消失するも、その後復元された。国王の私的な空間である御内原へと続く門である。また歓会門、久慶門から淑順門へと直接つながっている。