長崎市遠藤周作文学館

長崎県長崎市東出津町77番地
http://www.city.nagasaki.lg.jp/endou/

遠藤周作の代表的な小説「沈黙」の舞台になった地に建つ文学館。館内では周作の貴重な資料を展示しています。

住所長崎県長崎市東出津町77番地
カテゴリ

長崎市遠藤周作文学館を含むリスト

【全国】全国を旅する文学を味わう大人の社会科見学
秋といえば読書の秋。ぜひ長年愛される名作に挑戦してみたいですね。全国で素敵な名作を生み出した文豪の趣をたどる博物館をご紹介いたします。
【長崎】歴史好きなカップルにおすすめの資料館デート
歴史に興味があるなら資料館デートがおすすめです。昔の生活がよくわかる資料館や原爆投下に関する資料館、火山の恐ろしさを実感できる資料館など、知識が深まりますね。
【九州・沖縄】大人も子供も楽しめる社会科見学
まだまだ皆さんの知らない沖縄・九州ならではの楽しみがたくさんあります。そんな魅力を味わえる見学地を紹介します。体験なども出来ますよ。
【長崎】子供と一度は訪れたい長崎の博物館
ちょっと堅苦しいイメージのある博物館や歴史館ですが,実際に足を運んでみると偉人のちょっと面白い裏話などいろいろ学ぶことができます.子供と一緒に長崎にある博物館へ来てみませんか?
【長崎市】好奇心をくすぐる長崎市の資料館・郷土館
歴史に民芸品に食文化あり文学あり。そのジャンルも幅広く、好奇心をくすぐってやまない長崎市の資料館・郷土館です。

長崎市遠藤周作文学館の近くにあるプレース

遠藤周作文学館

長崎県長崎市東出津町77

この地は小説「沈黙」の舞台でもあり、かくれキリシタンの里でも知られています。後に文学碑が建立され、その場所を「ベストな場所」と言ったことから、遠藤周作のこの地への思い入れの深さが感じられます。

外海夕陽が丘

長崎県長崎市外海町 遠藤周作記念館

田舎道をドライブしながら眺めることができ、特に夕陽が美しいと評判。遠くには、五島列島も見ることが出来、車の窓を開けて波音を聞きながら贅沢なひと時を過ごしたいスポット

いこいの広場夕陽が丘そとめ

長崎県長崎市黒崎東出津町149-2

道の駅敷地内にある夕日スポット。晴れた日には五島列島まで見渡せるという眺望の良さは、観光客のみならず地元の人々にも人気の場所です。

外海夕陽が丘

長崎県長崎市黒崎東出津町149-2

長崎市の北部にある道の駅。ここが市内初にできた道の駅だそうです。周辺のスポットとしては、「遠藤周作文学館」など。名前の通り、夕日の美しい場所として知られます。

夕陽が丘そとめ

長崎県長崎市東出津町149-2

道の駅であり、角力灘(すもうなだ)に浮かぶ島々や出津文化村の素晴らしい風景を満喫できるスポットです。バイキングレストランと新鮮野菜、手づくりパンなどの特産品が買える物産館でもあります。

道の駅 夕陽が丘そとめ

長崎県長崎市東出津町149番地2

道の駅 夕陽が丘そとめの名物は「ド・ロ様そうめん」です。小麦粉と落花生油で練ったそうめんで他とは違う味わいです。

外海夕陽が丘

長崎県長崎市東出津町149-2

名前の通りの夕陽が綺麗に見える場所です。角力灘に浮かぶ島々との見事な調和の絶景です。カップルで行けば二人の姿をロマンチックに包んでくれます。

外海夕陽が丘

長崎県長崎市東出津町149番地2

外海町にある道の駅,夕陽が丘そとめは,その名の通り夕日がとても美しいスポットで,夕日が雲に反射して金色に輝く光景は素晴らしいです。

道の駅 夕陽が丘そとめ

長崎県長崎市東出津町149-2 道の駅 夕陽が丘そとめ

フランスの製麺技術で作ったド・ロ様そうめんが特産品で、その他、棚田米やブドウなどの地元の食材も多く扱っています。

道の駅 夕陽が丘そとめ

長崎県長崎市黒崎東出津町149-2

夕日や五島列島を一望する景色が、ドライブデートのメインです。田舎料理をふるまうレストランで一休みするのもいいです。