黒神埋没鳥居

鹿児島県鹿児島市黒神町(黒神中学校横)
http://www.sakurajima.gr.jp/tourism/000352...

大正3年の桜島の大噴火で、笠置を残して火山灰に埋もれた黒神神社の鳥居が残っています。8つの集落が溶岩で消滅したという大噴火のすごさを物語る史跡です。桜島を恋人と訪れるときには立ち寄りたい場所です。

住所鹿児島県鹿児島市黒神町(黒神中学校横)

黒神埋没鳥居を含むリスト

【九州】遺跡の宝庫・九州で遺跡巡りをしよう!
日本の昔の面影を今も形として残してくれている遺跡。そんな遺跡が九州にはたくさん存在します。九州・遺跡巡りなんていうのも楽しそう!

黒神埋没鳥居の近くにあるプレース

黒神埋没鳥居

鹿児島県鹿児島市黒神町

黒神中学校横にある鳥居です。1914年に桜島が噴火した際に、原五社神社の鳥居が火山灰や軽石で埋め尽くされました。上部だけが残り、今では大噴火の記念として展示されています。

黒神埋没鳥居

鹿児島県鹿児島市黒神町 黒神神社

大正3年の大噴火の際、埋没してしまった黒神神社の鳥居。本殿は灰の下に眠り、鳥居も上部が少しのぞくだけ、という姿で、噴火と火山灰の凄まじさを目の当たりにできる。

黒神埋没鳥居

鹿児島県鹿児島市黒神町647

大正時代の桜島大噴火の爪痕が残る場所で、2mほど鳥居が埋まっています。子供に自然災害に対する備えも教えられます。