横溝正史疎開宅

岡山県倉敷市真備町岡田1546
http://www.city.kurashiki.okayama.jp/dd.as...

横溝正史が疎開して、家族と暮らした家で当時のままを残しています。この家から有名作「獄門島」などが生まれたんですね。

住所岡山県倉敷市真備町岡田1546

横溝正史疎開宅を含むリスト

【倉敷】港町倉敷の神社やお寺の歴史に触れる1日を
その昔、まだ倉敷が備中国だった頃、松山藩の玄関港として上方への物資の輸送中継地として栄えていました。そんな歴史のある港町倉敷で神社やお寺に触れて、心の浄化の1日を作りましょう。

横溝正史疎開宅の近くにあるプレース

倉敷市横溝正史疎開宅

岡山県倉敷市真備町岡田1546

推理小説作家の横溝正史が東京より疎開して約3年半暮らした家です。この家にて多くの推理小説が書かれた。彼の小説に出てくる名探偵金田一耕助もこの家に暮らしている間に誕生した。

真備町横溝正史疎開宅

岡山県倉敷市真備町岡田1546

60年以上前に、横溝正史が家族と一緒に暮らしていたとされる自宅が保存されています。この自宅に住んでいる時に、金田一シリーズを作り上げたと伝えられています。

倉敷市真備ふるさと歴史館

岡山県倉敷市真備町岡田610番地

岡田藩支配時代に関する資料などを保管されています。名探偵金田一耕助ミステリー遊歩道として、約30分かけて散歩する事が出来るコースがあります。