【東京】色とりどりの花を見に行こう♪都内のおすすめ花名所20選

梅、桜、つつじ、チューリップ、バラなど東京で四季折々の花を楽しめるおすすめの名所をご紹介します。暖かくなって、色とりどりの花が目を楽しませてくれますよ。みんなでおでかけしましょう。

スポンサーリンク
巨大しだれ桜のライトアップ

六義園

東京都文京区本駒込六丁目

六義園の名物「しだれ桜のライトアップ」は、文京区の春の風物詩として長年親しまれてきました。高さが15m幅は20mもある巨大しだれ桜がライトアップされる姿はとても幻想的です。

新宿御苑の『春の特別開園』に行こう!

新宿御苑

東京都新宿区内藤町11

大都会の中のオアシスとして人気の高い新宿御苑。園内には、65種もの桜が咲き乱れ、約1ヶ月間様々な桜の花を堪能することができます。4月中旬から咲き始める八重桜も風情がありますよ。

福山雅治の歌で大ブレイクした桜坂

田園調布 桜坂

東京都大田区田園調布本町19

福山雅治が唄う「桜坂」で一躍有名になった田園調布にある桜坂。東急多摩川線「沼部駅」から徒歩5分ほどの場所にあり、急こう配の坂沿いに見事に咲き誇る桜を見に来る観光客で、毎年賑わっています。

約70種の梅が咲き誇る植物公園

神代植物公園 梅まつり

東京都調布市深大寺元町5-31-10

名物の無料ガイドツアーも人気の神代植物公園。ガイドボランティアが園内にある梅の見どころや、その他の植物の見頃を案内してくれます。園内は180本のみごとな梅が2月中旬から3月上旬まで咲き誇っています。

水戸徳川家ゆかりの庭園

小石川後楽園 梅まつり

東京都文京区後楽1-6-6

7万平方メートルを超える広大な園内に約90本の梅や、桜、藤、菖蒲など様々な植物が植えられていて、四季折々情緒豊かな風情を楽しむ事ができます。水戸黄門の水戸光圀が完成させた庭園としても有名です。

ゴールデンウィークは文京のつつじ祭へ

根津神社 つつじ祭り

東京都文京区根津1-28-9

大きな鳥居をくぐると、厳格な風情の中に100種類3000株の色とりどりのつつじが植えられていて、壮観な景色が広がっています。ゴールデンウィークには、たくさんの屋台や出店が並び、賑わいをみせています。

江戸城の日本庭園でつつじ鑑賞

皇居東御苑

東京都千代田区千代田1-1

皇居東御苑は江戸城の跡地を公園として一般公開している格式高い日本庭園が評判です。東御苑内の諏訪の茶屋前の庭園に咲く見事なつつじに、外国人観光客がカメラを抱える姿もよく見られる人気のスポットです。

代々木公園 秋の『バラ園』

代々木公園

東京都渋谷区代々木神園町

毎年10月中旬から11月中旬頃にかけて、代々木公園内の「バラ園」、「フラワーランド」のバラ花壇で、30種700株以上の見事なバラを鑑賞することができます。無料のバラ講習会も人気です。

20万本のチューリップが咲く国営公園

国営昭和記念公園

東京都立川市緑町3173

国営昭和記念公園では、130種類20万本ものチューリップが毎年3月中旬から5月上旬頃まで楽しめます。フラワーフェスティバルでは、公園内のカラフルなチューリップの開花リレーを鑑賞することができます。

葛飾区の観光名所『堀切菖蒲園』

堀切菖蒲園

東京都葛飾区堀切2-19-1

6月の上旬から下旬まで、見頃の菖蒲の花が楽しめる『堀切菖蒲園』。庭園を眺めながら食事やお茶を楽しめる「静観亭」が人気で、菖蒲や四季折々の花を見ながらのんびりするのにおすすめです。

東京都内で見られる人気の高い桜の名所

千鳥ケ淵公園

東京都千代田区北の丸公園1-1 北の丸公園

桜のシーズンには100万人もの観光客が訪れるほど人気の高い桜の名所です。お堀の中をボートで散策することもでき、千鳥ヶ淵のお堀沿いに植えられた桜を間近で楽しむ事もできますよ。

足立区のチューリップ農園

足立区都市農業公園

東京都足立区鹿浜鹿浜2-44-1

足立区の花としても知名度の高いチューリップ。最近、失われつつある農村の風景を残した風情ある景観が人気の都市農業公園では、春になると35000本のチューリップを楽しむ事ができます。

自然豊かな境内に咲く紫陽花の花

高幡不動尊金剛寺

東京都日野市高幡733

高幡不動尊金剛寺では、毎年6月から7月上旬頃まで、紫陽花まつりが開催されています。250種類7500株の紫陽花がリ次々と咲く姿に、地元民だけではなく遠方からも観光客が訪れています。

『府中郷土の森』のカラフルなポピー畑

府中郷土の森

東京都府中市矢崎町5-5

府中市にある府中郷土の森は、様々な花を楽しめる名所として多くの観光客が訪れる場所でもありますが、5月頃に咲くカラフルなポピー畑はとっても可愛らしく、可憐な姿を見せてくれることで有名です。

10万本のひまわり畑でお散歩しよう

清瀬市ひまわりフェスティバル

東京都清瀬市下清戸3丁目地区

2万平方メートルにも及ぶ広大な敷地一面に、10万本のひまわりが咲いた壮観な景色が楽しめる清瀬市のヒマワリフェスティバル。野菜、ひまわりも買うことが出来るので、地元民にも人気が高いスポットです。

水上デッキから鑑賞できる蓮の花

不忍池

東京都台東区上野恩賜公園内

動物園通りと不忍通りに挟まれた池には、毎年7月中旬から8月中旬頃まで蓮が見頃を迎えます。蓮の花の寿命は短く3日程と言われ、次々と咲く蓮の花を愛でに多くの観光客が訪れることで有名な場所です。

文京区名物の『文京あじさい祭』

文京区白山神社 あじさい祭

東京都文京区白山5-31-26

文京区五大花まつりのひとつ「文京あじさい祭」。白山神社の公園に所狭しと咲く3000本のカラフルなあじさいが6月に見頃を迎えます。お祭り期間中は、屋台やイベントが開催され賑わいを見せています。

荒川線沿いに咲くバラの花道

都電荒川線沿線のバラ

東京都荒川区南千住一丁目

都内で唯一の路面電車である都電荒川線。毎年10月頃には大塚駅から荒川遊園地・三ノ輪橋駅付近の線路沿いに、色とりどりのバラを楽しむ事ができます。荒川線に乗りこんで、鑑賞するのも風情がありますよ。

つつじの名所『平成つつじ公園』

平成つつじ公園

東京都練馬区練馬1丁目17番6号

3月下旬から5月下旬にかけて、久留米つつじを中心に見ごろを迎える平成つつじ公園。練馬区の花でもあるつつじが600種16000本植えられ、ゴールデンウィークに開催される「練馬つつじ祭」は毎年大盛況です。

都内でも有数の梅の名所『百草園』

京王百草園 梅まつり

東京都日野市百草560

園内には時季になると約500本もの梅が咲き誇り、毎年2月中旬から3月中旬まで恒例の梅まつりが開催されてたくさんの観光客で賑わっています。日替わりで開催されるイベントも人気です。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 関東エリア
いよいよ12月

今年もあとわずか。街にはクリスマスの雰囲気も漂い始めています。12月初めにかけて見られる紅葉のピークも見逃せません。

2015/03/06 更新