【さいたま】ミュージアム巡りが、学べる休日の過ごし方ですね。

さいたま市内のミュージアムや資料館巡りをお楽しみ下さい。伝統工芸やさいたまの歴史と文化、自然や科学の分野のミュージアムもおすすめです。何かを学べる休日の過ごし方も素敵ですね。

スポンサーリンク

うらわ美術館

埼玉県さいたま市浦和区仲町2-5-1 浦和センチュリーシティ3F
浦和で活動していた美術家の作品の展示が多く、地域の芸術について学べます。挿絵本などの本をテーマにした展示も行っています。

お人形歴史館

埼玉県さいたま市岩槻区加倉1-7-1
昔から親しまれているひな人形や、岩槻の伝統工芸品のかみしも雛といった人形が飾られています。何千体と並ぶので迫力があります。

磊楽甲世人形彫刻美術館

埼玉県さいたま市岩槻区大字浮谷2512-2
五月人形やひな人形などの日本人形がズラリと並んでいます。子供のころには気付かなかった優美さを感じられます。

さいたま市青少年宇宙科学館

埼玉県さいたま市浦和区駒場2-3-45
振り子の実験や人力飛行機が常設展示され、大人になっても学べることが多いです。リアルな天の川が見れるプラネタリウムもあります。

埼玉県立歴史と民俗の博物館

埼玉県さいたま市大宮区高鼻町4-219
古くは旧石器時代の歴史から紹介していて、資料数は膨大です。郷土の伝統文化を体験するものづくり工房も楽しいです。

さいたま市立博物館

埼玉県さいたま市大宮区高鼻町2丁目1-2
石臼や山かごなどの昔使われていた道具の展示は、当時の暮らしが体験できて勉強にもなります。大人には懐かしく感じるものが多いです。

キリョクカン(木力館)

埼玉県さいたま市岩槻区新方須賀558-2
栃の木の一枚板のテーブルや天然唐松の矢羽貼りなど、木を巧みに使用した作品であふれています。木の香りにも癒されます。

さいたま市大宮盆栽美術館

埼玉県さいたま市北区土呂町2-24-3
日本が誇る小さな芸術品である盆栽に焦点を当てた美術館です。赤松や山もみじが繊細に飾られ、その美しさに魅了されます。

旧埼玉県師範学校鳳翔閣(復元)(現・さいたま市立浦和博物館)

埼玉県さいたま市緑区三室2458
浦和周辺の遺跡から出土した土器や見沼通船堀に関連した資料がメイン展示されています。明治の師範学校を利用した外観も見どころです。
リストに場所を追加する
このリストを評価する(ログイン不要)
関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 関東エリア
今日はどこにお出かけしよう?

休みの日、どうやって過ごそう?見るだけで思わずお出かけしたくなるような、編集部オススメのトピックを紹介します。

2015/02/28 公開