【高松】何かを学べるスポット巡り、休日を利用していかが?

高松の歴史と文化、伝統の全てを見て廻ることが出来るスポットです。休日を利用して、高松の事を学べる施設巡りをお楽しみ下さい。彫刻美術の素晴らしさには胸を打たれますよ。

スポンサーリンク

讃岐国分寺跡資料館

香川県高松市国分寺町国分2177-1

讃岐国分寺の金堂の模型や発掘品が資料として観賞できます。敷地内は公園のように整備され、散策しながら歴史を学ぶのもお勧めです。

高松市塩江美術館

香川県高松市塩江町安原上 602

香川生まれの作家の絵画や彫刻品の常設展示を行っています。ワークショップを通して、香川のアートを学ぶこともできます。

男木島路地壁画プロジェクトwallalley

香川県高松市男木町

民家の外壁がカラフルなアート作品として飾られています。集落に点々とあり、島の景観を楽しみながらアート鑑賞できるのが魅力です。

左甚五郎美術館

香川県高松市丸の内7-4

江戸時代の有名な彫刻作家の左甚五郎の作品が見られ、その足跡もたどれます。作品は躍動感があり、見る者を圧倒します。

讃岐民芸館

香川県高松市栗林町

焼き物や家具、瓦など、個性的な民芸品のラインナップです。古き良き時代の物ばかりで、昔の暮らしを学ぶにもいいです。

ギャラリー ゼファー

香川県高松市片原町9-15

大規模な美術館では見られない、地元作家の温もりある作品が多数並びます。地域の魅力が伝わり、自分自身も感化されます。

高松市歴史資料館

香川県高松市昭和町一丁目2番20号

田村神社古神宝類や源平合戦に関連した絵画など、高松ならではの資料が残ります。ビデオコーナー等の学習室も完備しています。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 四国エリア
いよいよ12月

今年もあとわずか。街にはクリスマスの雰囲気も漂い始めています。12月初めにかけて見られる紅葉のピークも見逃せません。

2015/02/24 公開