【浅草】浅草に行ったら食べたい!ランチ10選

下町の情緒あふれる浅草で、ランチに行きたいお店を厳選。浅草の昔から愛されるランチをいただいてみてくださいね。

スポンサーリンク
どぜう料理を味わってみて

どぜう飯田屋

東京都台東区西浅草3-3-2

どじょうを食べたことがない方は、こちらの「どぜう鍋定食」をぜひ食べてみてください。頭から尻尾まで、独特の食感が楽しめますよ。割りしたもおいしく、ご飯がすすみます。ネギやご飯もお代わりできるので、心ゆくまで食べてくださいね。

名物、明治すき焼き丼を召し上がれ

浅草今半 国際通り本店

東京都台東区西浅草3-1-12

浅草ですき焼きといえば「今半」です。ランチは、1500円で楽しめる名物「明治すき焼き丼」がおすすめ。しっかりと味の染みた、やわらか〜いお肉で幸せな気分になれること間違いなしです。他にもすき焼き御膳などお昼からお鍋も楽しめます。

ぷりっぷりのエビ天と蕎麦を堪能

尾張屋

東京都台東区浅草1-7-1

天ぷら蕎麦といえばこちら!丼からはみ出るほどのエビ天は迫力満点。ぷりっぷりの車海老は少し細めの手打ちそばは、甘めの汁と相性抜群です。

親子三代で通える、老舗洋食店

ヨシカミ 浅草店

東京都台東区浅草1-41-4

昔ながらの洋食屋さん。「うますぎて申し訳ないス!」という看板からは味への自信が伺えます。代名詞とも呼ばれる、名物のビーフシチューはぜひ食べてみて。お箸で持ち上げようとするだけで崩れてしまうほど柔らかいお肉は、口の中でとろけます。

明治20年創業の天丼ランチ

大黒屋天麩羅

東京都台東区浅草1-38-10

明治20年創業時から、継ぎ足し継ぎ足し作られてきた、濃厚なタレでいただく天丼は格別。いつも食べている天丼とは、一味も二味も違うはず。

雷門横の天丼発祥のお店

雷門 三定

東京都台東区浅草1-2-2

浅草で最も古い天ぷらのお店といえば、三定です。ごま油で揚げられた天ぷらは、胸焼けを感じることがないほどあっさりといただけるのだとか。

浅草の雰囲気とうなぎを楽しむ

前川

東京都台東区駒形2-1-29

創業200年の老舗うなぎ屋さんでいただく、うな重は格別。表面はカリっと、中はふわっとろっとした食感の鰻はたまらないおいしさです。眼前にスカイツリーと隅田川が広がり、浅草の雰囲気を楽しみながら食事ができます。

偉人に愛されたうなぎ屋さん

鰻 やっこ

東京都台東区浅草1丁目10番地2

勝海舟も通ったと言われる、うなぎの名店。夏目漱石の小説にも登場するなど、偉人からも愛されていました。大正モダンな店内でうなぎをいただけば、当時に想いを馳せることができるかもしれませんね。

江戸のファーストフード、蕎麦を楽しむ

並木藪蕎麦

東京都台東区雷門2-11-9

江戸時代のファーストフードといえば蕎麦!下町でも長く愛されるお蕎麦屋さんはいつも行列ができています。蕎麦の香り感じながら、辛めのつゆでいただくお蕎麦。冬は鴨南蛮の蕎麦がイチオシです。

醤油とお肉の匂いがたまらない

ちんや

東京都台東区浅草1-3-4

ランチは5000円からと、ちょっとお値段は張りますが、個室でゆっくりとすき焼きを堪能したいならぜひ行ってみてください。店内に入った瞬間に広がる、醤油とお肉の香ばしい匂いはたまりません。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 関東エリア
いよいよ12月

今年もあとわずか。街にはクリスマスの雰囲気も漂い始めています。12月初めにかけて見られる紅葉のピークも見逃せません。

2015/01/26 更新