【東京】都心に佇む荘厳なる空間、行ってみたいお寺いろいろ

都心の喧騒を横目に静かに佇むお寺の数々。日常を忘れて心落ち着ける、荘厳なる空間をここにズラリと並べてみました。

スポンサーリンク

医王寺

東京都稲城市大丸1417

川崎街道筋北川高台にある寺院です。1700年代に難病が流行したことを受けて薬師如来を本尊として奉り開創されたとされています。現在ではペットと入れる納骨堂も完成しています。

待乳山聖天

東京都台東区浅草7-4-1

浅草寺以外に、隠れたパワースポットとして人気で、本龍院の本尊です。震災や空襲に遭いながらも深い信仰をもたれています。お供えする際は大根をもっていくといいでしょう。

炎天寺

東京都足立区六月3-13-20

小林一茶の俳句で非常に有名なお寺です。毎年開催される「一茶まつり」では、小中学生の俳句大会の会場ともなっています。野武士との戦いが炎天下の時期に行われたことからこのような名称で呼ばれています。

池上本門寺

東京都大田区池上1丁目1-1

日蓮聖人が入滅した霊跡です。10月11日~13日は壮大な御会式法要が行われています。ほかに、力道山のお墓がある場所としても有名です。

武蔵国分寺跡

東京都国分寺市西元町1丁目から4丁目付近

聖武天皇が仏の力で国を安定させるために命じられた国分寺の跡地の一つです。他の場所に比べて規模は小さいですが、国指定の史跡とされています。

源覚寺

東京都文京区小石川2丁目23-14

380年以上前に開創されたお寺です。ここには「こんにゃく閻魔」と呼ばれる、右目が濁っている閻魔大王の像があり、面白い言い伝えを残しています。

護国寺

東京都文京区大塚5-40-1

徳川5代目将軍・綱吉が生母桂昌院の願いによって創建した祈願寺であり、後に武運長久を祈るお寺となっています。明治時代以降は一般の人の墓所となっています。大熊重信などの有名人も眠っています。

不忍池弁天堂

東京都台東区上野公園2-1

寛永寺の堂宇の一つであり、いつ頃建立されたかは不明です。過去には周囲が賑わい竜宮門もありましたが、空襲によって焼失しています。

豊川稲荷東京別院

東京都港区元赤坂1-4-7

港区元赤坂にある曹洞宗の寺院で、愛知県の豊川稲荷の別院にあたります。敷地内には多数のお堂があり、お堂巡りが好きな人には見応えがありますよ。

觀音寺

東京都昭島市大神町3丁目6-5

鎌倉時代後期に開山したとされ、創立の由来は不明とされている寺院です。過去に何度も焼失していますが再建されて現在に至ります。十一面観音菩薩を本尊とし、年間でいくつもの行事を行っています。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 関東エリア
イベント盛りだくさんな12月

寒さも冬本番の今日この頃。12月にはクリスマスに忘年会に年末のセールなどイベントが盛りだくさん。リサーチしてお出かけしましょう♪

2015/01/16 公開