【東北】おすすめ美術館をめぐる、アートなデートをしませんか。

たまにはいつもと違って、芸術に触れてみるデートもありかも。ちょっとアートな気分のときにめぐりたい美術館。

スポンサーリンク

宮城県美術館

宮城県仙台市青葉区川内元支倉34-1

公共建築百選に選出されている佐藤忠良が設計した美術館。館内には東北地方にゆかりのある明治維新以降の絵画や版画、工芸作品等を展示、収蔵しています。

岩手県立美術館

岩手県盛岡市本宮字松幅12-3

萬鐵五郎や松本竣介、舟越保武等郷土とゆかりのある美術家たちの作品が保管されている美術館。昔ながらの作品を見ることができます、

青森県立美術館

青森県青森市安田字近野185

県美と称される三内丸山遺跡に隣接する美術館。小野忠弘や工藤哲巳等を中心に郷土とゆかりのある作品をコレクションしています。

十和田市現代美術館

青森県十和田市西二番町10-9

十和田市のまちづくりプロジェクトArts Towadaの拠点として開館した美術館。十和田市ゆかりの作品38点を中心に展示しています。

山形美術館

山形県山形市大手町1-63

山形駅から徒歩15分にある美術館。横山華山の作品「紅花屏風」や渡辺崋山の作品「渓潤野雉図」等を展示しています。

リアス・アーク美術館

宮城県気仙沼市赤岩牧沢138-5

三陸リアス式海岸を望む地元の食を中心に芸術文化を紹介する美術館。館内にはハイビジョンギャラリーや図書閲覧室、レストランを設置しています。

国際芸術センター青森

青森県青森市合子沢字山崎152-6

国内外で活躍する建築家安藤忠雄が「見えない建築」をテーマに設計した美術館。アーティストインレジデンスプログラムを中心にワークショップを通じて芸術にふれることができます。

石神の丘美術館

岩手県岩手郡岩手町大字五日市10-121-21

芸術鑑賞とともにピクニックが楽しめる美術館。6月から7月にかけ見ごろとなるラベンダーや四季折々の景観を楽しむことができます。

関連記事
2015/01/08 公開