【三重】マイナスイオン効果もある!三重の滝

癒やしを求めて滝に行く人も多いのではないでしょうか!滝からはマイナスイオンが出ているので心が爽快になるそうです。三重にもたくさん癒される滝があります。

スポンサーリンク

清五郎滝

三重県北牟婁郡紀北町海山区

落差120mと言われる雄大な滝です。銚子川上流で何段にも岩磐に落ちすさまじい水煙が上がる様は圧巻です。

雨滝

三重県熊野市育生町赤倉

扇の山を源とする袋川上流にある40mの滝です。断崖絶壁から勢いよく落ちる様は必見。日本の滝100選に選定されています。

ガンガラ滝

三重県熊野市育生町尾川

落差が小さい滝なので、石伝いに川を歩いたり川原を散策したりと川遊びが楽しめる滝として人気のスポットです。

清滝

三重県熊野市大泊町

滝の上流には泊観音があり観音滝とも呼ばれています。手軽に飛沫浴が楽しめるとして観光客にも人気の景勝地です。

赤目四十八滝

三重県名張市赤目町長坂

約4kmにわたり様々な滝が楽しめる滝川上流の渓谷です。中でも赤目五瀑と称される5つの滝はぜひとも見ておきたい景勝地です。

笠木不動滝

三重県度会郡大紀町崎

落差40mの雄滝と35mの雌滝の総称です。四季折々の美しい景色を見ながらマイナスイオンを存分に浴びられます。

五郷十二滝

三重県熊野市五郷町

大小十二の滝が連なっており、総称して十二滝と呼ばれています。落差があり見ごたえのある滝も多い人気の観光スポットです。

飛雪の滝

三重県南牟婁郡紀宝町浅里1409-1

高さ30m、幅12mの滝から飛ぶ水飛沫が雪のように美しい滝です。紀州藩主の徳川頼宣が美しさに感動し漢詩を詠んだ場所でもあります。

大馬の清滝

三重県熊野市井戸町大馬

大馬神社の境内にある滝です。落差30mの滝は滝つぼがなく落下後に水が飛散するためマイナスイオンも存分に浴びられます。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 東海エリア
いよいよ12月

今年もあとわずか。街にはクリスマスの雰囲気も漂い始めています。12月初めにかけて見られる紅葉のピークも見逃せません。

2014/12/29 公開