【石巻】散策しながら楽しむ、いろんなお寺めぐり

町をのんびり散策しながら巡るお寺もいろいろおもしろい発見があるかも。昔ながらの風景とともにゆっくり時間を過ごしたい方におすすめ。

スポンサーリンク

箱泉寺

宮城県石巻市北村神尾

県の名寺の1つ。大師が掘り当てた独鈷水は霊水とされ、泉を箱で囲ったことが名前の由来。天然記念物のいちょうや枝垂栗などもある。

昌学寺

宮城県登米市石越町北郷字赤谷240番地

石越町で唯一のお寺。樹齢400年の枝垂桜は「不老桜」と呼ばれている。寛政9年に竣工された鐘桜門とともに市の文化財として登録されている。

旭山観音堂

宮城県石巻市北村朝日山

山腹の中の巨岩の上にある。ハイキングコースにもなっており、季節に合わせた山の美しさが神秘さを醸し出す。

柳津虚空蔵尊

宮城県登米市津山町柳津字大柳津63

大土山の麓にある。大鳥居や百人一首に詠んだとされる鵲橋が有名。樹齢400年前後の巨木がありパワースポットとしている。カフェもある。

箟峯寺

宮城県遠田郡涌谷町箟岳字神楽岡1

奥州三観音のひとつ。愛嬌のある仁王像や、心が洗われるという寛文の鐘、夫婦杉などがある。近くに石仏公園がありキャンプなどが楽しめる。

弥勒寺

宮城県登米市中田町上沼字弥勒寺寺山63

広い敷地内では九つの御堂があり、多くの人が訪れる。また、古木をはじめ様々な草木が植えられており、四季を感じられる。

香積寺

宮城県石巻市桃生町城内西峰122

開創は1342年と古く、歴史を感じさせてくれる。本堂の天井には百花や鳥が描かれており、繊細さに驚く。江戸時代には任官色衣勅許の寺として存在した。

華足寺

宮城県登米市東和町米川小山下2

800年ごろ坂上田村麻呂によって建立された。中でも馬頭観音堂は動物を慈しむ観音様として知られ、ペットの供養などに訪れる人が多い。

東陽寺

宮城県登米市東和町米谷越路38

伊達藩家臣の原田家の菩提寺として山形から移ってきた。原田甲斐の遺体を本堂の裏に密葬し、目印に銀杏の木を植えたそうだ。

大宝院

宮城県石巻市大街道南2丁目12-27

石巻市大街道地区に新しくできた、仏を神を一緒に奉る神仏習合のお寺。出張寺子屋で写経やお話などを聞くことができる。

関連タグ
関連記事
2014/12/12 公開