【関西】関西で現代美術を楽しみながら、気軽に楽しめる美術館

のんびりと楽しむお出かけなら、美しい芸術を楽しみながら。現代美術をテーマを楽しみながら、過ごすとっておきのお出かけ。関西エリアで楽しめるオススメ美術館です。

スポンサーリンク

アサヒビール大山崎山荘美術館

京都府乙訓郡大山崎町銭原5-3

加賀正太郎の旧邸である大山崎山荘が本館で、安藤忠雄設計の地中の宝石箱が地中館、そして夢の箱と呼ばれる山手館。この3つで構成されています。

喜多美術館

奈良県桜井市金屋730番地

世界の芸術家の作品が、揃っています。喜多才治郎のコレクションが中心で、別館には、奈良ゆかりの若手芸術家の作品を展示しています。

滋賀県立近代美術館

滋賀県大津市瀬田南大萱町1740-1

丘陵地にあるため、とても眺めが良い場所に建っています。日本庭園に囲まれた美術館で、常設展示には、国内外の現代美術作品があります。

京都市美術館

京都府京都市左京区岡崎円勝寺町124 (岡崎公園内)

昭和8年に誕生した美術館です。建物はレンガ造りで、とてもいい雰囲気が漂っています。静かな空間で、じっくり作品を鑑賞しましょう。

国立国際美術館

大阪府大阪市北区中之島4-2-55

外観が印象的です。竹のしなりを表現したもので、これ自体が芸術作品のようです。企画展が充実しており、関西一円から、多くの方が訪れます。

横尾忠則現代美術館

兵庫県神戸市灘区原田通3-8-30

美術家である横尾忠則氏から、寄贈・寄託された作品を、収蔵・展示しています。展覧会やイベントも行われていますから、要チェックですね。

何必館・京都現代美術館

京都府京都市東山区祇園町北側271

常設されているのは、陶芸家の北大路魯山人、洋画家の山口薫、日本画家の村上華岳ですね。一年に数回、全館を使って企画展を行いますから、そちらも注目してみましょう。

京都国立近代美術館

京都府京都市左京区岡崎円勝寺町

工芸に重点を置いた活動をしています。国内外の多彩な作品を展示しており、見どころが多い。絵画、陶芸、写真、版画など、所蔵品は多数。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 関西エリア
イベント盛りだくさんな12月

寒さも冬本番の今日この頃。12月にはクリスマスに忘年会に年末のセールなどイベントが盛りだくさん。リサーチしてお出かけしましょう♪

2014/12/12 公開