【東京】和菓子の手土産にぴったり、気になる和菓子専門店

東京へお出かけのお土産選びに、オシャレな和菓子はいかがでしょうか。キラキラ輝くべっこう飴・甘さも嬉しいおまんじゅうなど、長年愛される味わい深い和菓子専門店です。

スポンサーリンク

草月

東京都北区東十条2-15-16

皮にはたっぷりの黒糖とハチミツを使っているそうです。「黒松」など。羊羹も四種類の味わい。昭和の半ばからのお店。

埼玉屋小梅

東京都墨田区向島1-5-5

あずきは京都丹波大納言を使い続けているという、老舗のこだわりを持つお店。明治創業以来の技を受け継いでいます。

京はやしや 東京ミッドタウン店

東京都港区赤坂9-7-3 東京ミッドタウン ガレリアB1F

現代の象徴のような場所、東京ミッドタウンでも伝統の和の味を手にする事ができます。和のスイーツが充実。

羽二重団子 大丸東京店

東京都千代田区丸の内1-9-1 大丸東京店 B1F

発展をつづける丸の内エリアにある和菓子のお店。羽二重団子などが人気のようです。お土産物を買うのにピッタリのロケーション。

扇屋

東京都文京区本郷5-26-5

東大赤門そばにある和菓子のお店です。「麩まんじゅう」「紫陽花餅」などここだけの味がいっぱいあります。

うさぎや

東京都台東区上野1丁目10番10号

どらやきは定番の味ながら、十勝産の小豆を使いとてもやわらかいと評判。「喜作最中」や「うさぎまんじゅう」も人気。

高木屋老舗

東京都葛飾区柴又7丁目7-4

“できたてをその日のうちに”という思いで提供してくれる和の甘味。原料となる米は特選の「コシヒカリ」を使うこだわり。「草だんご折り詰」など。

羽二重団子

東京都荒川区東日暮里5-54-3

「羽二重団子」は1本から20本の折までいろいろ揃っています。独特のこしあんと生地種を使った「しづくあん」も人気。

桃林堂 上野店

東京都台東区上野桜木1-5-7

東京芸術大学の西側にあるという事ですから、上野エリアの観光土産として良さそうです。「小鯛焼」「生水ようかん」など。

アメヤエイタロウ

東京都新宿区新宿3-14-1 伊勢丹新宿店 B1F

鮮やか色合いに心奪われそうです。「羽一衣」はとろけるようなくちどけも印象的。「太陽のウィンク」は光の結晶のようなお菓子。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 関東エリア
イベント盛りだくさんな12月

寒さも冬本番の今日この頃。12月にはクリスマスに忘年会に年末のセールなどイベントが盛りだくさん。リサーチしてお出かけしましょう♪

2014/12/05 公開