【長崎】一度は見ておきたいおすすめの歴史的建造物

歴史深い長崎で一度は訪れたい観光スポットとしておすすめです。多くの歴史的建造物から有名な建物をピックアップしました。

スポンサーリンク

グラバー園

長崎県長崎市南山手町8-1

長崎市内に点在していた洋館を移築してきて一般公開している。園内は花にあふれ、7月から10月は夜間のライトアップも行っている。

旧楠本正隆屋敷

長崎県大村市玖島2-291-4

大村に残る武家屋敷の様式が現在も見られる。建物・敷地内が市史跡に指定されている。屋敷は一般公開されており、料金は大人200円小中学生200円。

旧三菱第2ドックハウス

長崎県長崎市南山手町8 旧三菱第2ドックハウス

昔、外国の船員の宿舎として利用されていた建物をグラバー園に移築した。木造2階建てでベランダから見える景色は絶景。

旧リンガー住宅

長崎県長崎市南山手町8-1 グラバー園内

グラバー園にあるバンガロー風の建物。他の旧宅と違い、床材が石を使用していて木骨石造で出来ている。大きな窓が特徴で蝶々夫人を演じた喜波貞子さんについての展示がある。

旧オルト住宅

長崎県長崎市南山手町8-1

グラバー園内にある。明治初期に建設され、現存する洋風建物の中で最大のもの。オルト氏は緑茶を世界に広めた人。日本で最古の最大級の木香バラがある。

山下家 もと蔵

長崎県佐世保市江迎町長坂209

平戸からの参勤交代の際に使用された。傘型の屋根組が珍しい。見学する際には予約が必要。酒造があり、おいしいお酒が頂ける。

藩校日新館門

長崎県対馬市厳原町桟原52-1

県指定の文化財。明治以降は裁判所として使用された。県内で唯一の江戸末期の大名家の格式がある武家屋敷門。

旧長崎地方裁判所長官舎

長崎県長崎市南山手町8-1

原爆から逃れ、洋風の官庁建築で唯一残る建物。現在はレトロ写真館としてレトロな衣装に着替えて写真を撮ってりり園内を散歩したりできる施設に。料金は30分500円。

武家屋敷跡

長崎県島原市下の丁

島原城からすぐにある。3邸宅が一般開放しており、甘味所では島原名物のかんざらしや甘酒などが楽しめる。

長崎市旧香港上海銀行長崎支店記念館

長崎県長崎市松が枝町4-27

建築界の偉才である下田菊太郎が建築したもので国の重要文化財に指定されている。長崎市内最大の石造りの建物。入館料は小中学生150円で他は300円。

関連タグ
関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 九州・沖縄エリア
いよいよ12月

今年もあとわずか。街にはクリスマスの雰囲気も漂い始めています。12月初めにかけて見られる紅葉のピークも見逃せません。

2014/11/28 公開