【関東】知らなかった鍾乳洞と洞窟の多さに驚きませんか?

関東一円にこんなに鍾乳洞があったのかご存知でしたか?太古の昔から脈々と続く鍾乳洞の成長をご覧いただけます。歴史的伝説のある洞窟や、各地の鍾乳洞を見学してみませんか?

スポンサーリンク

大増鍾乳洞

東京都西多摩郡奥多摩町氷川 2226

十数年前に民宿の主人が発見した鍾乳洞で、民宿の裏庭から進みます。規模は小さいけれど珍しい真っ白な鍾乳石に実際に触れる事ができます。発見者の愉快なウンチクを聞きながら地底探検ができます。

諏訪の水穴

茨城県日立市諏訪町飯森1090

高鈴山の麓に位置する洞窟で、神や仙人の住む洞窟と言われ「神仙洞」と呼ばれています。雨水や地下水により天然に浸食してできたと言われています。外見のみ見学可能です。

源三窟

栃木県那須塩原市塩原1118 

塩原湖の石灰成分を含む温泉水から形成された石灰台地に長い年月をかけて雨が降り、地下の石灰が溶けだして空洞ができました。源の落人達が暮らしたとされる鍾乳洞の様子や神秘を知る事ができます。

三ツ合鍾乳洞

東京都あきる野市養沢1075

全長120mの鍾乳洞で縦式になっています。洞内には12mの高さから不老長寿の水が流れ落ちる「竜神の滝」が有名で、見応えがあります。小規模ながらも様々な息づく生成物が発見されています。

橋立鍾乳洞

埼玉県秩父市上影677

秩父札所の橋立寺の奥の院で、入口から身をかがめて入り、全長130m、33mの高さのひたすら階段を登る大変珍しい竪穴式鍾乳洞です。自然が造り出す石筍や石柱等不思議な光景に出会います。

鵐窟

神奈川県足柄下郡真鶴町真鶴1026

源頼朝は平氏との戦い時に身を潜めたとされる洞窟です。下り坂を行くと、現在ではだいぶ小さくなった洞窟にたどり着きます。観音や石塔が立ち並び、夏でもひんやりとして趣ある史跡です。

仙人窟

群馬県吾妻郡東吾妻町大戸鳴瀬地内

大戸関所跡の近くにあり、長い参道を登った場所に位置し、洞窟内には江戸時代の修行僧が作成したと言われる、石像が残されています。夏でもひんやりと静粛な空間が漂います。

宇津野洞窟

栃木県佐野市会沢町1074

入口で記帳し、入場料無料の照明完備されている、横穴式の鍾乳洞です。壁一面に白く流れる「滝の白糸」や黄土色の鍾乳石があり、クラゲのように成長し続ける鍾乳石に目を奪われます。

不二洞

群馬県多野郡上野村川和655

関東一の規模の鍾乳洞で、約700mの見学道が設けられ、迷路のような構造です。カーテン・つらら・石筍・石柱が1堂に介した場所は圧巻で、鍾乳洞の見事さが楽しめます。

日原鍾乳洞

東京都西多摩郡奥多摩町日原1052

関東最大級の規模を誇る鍾乳洞で、8つの洞があり、見学できるのは、新宮洞と新洞です。新宮洞では水琴窟の水琴の音を聞き、新洞では豊富な美しい景観の鍾乳石に現実を忘れる世界へ引き込まれて行きます。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 関東エリア
いよいよ12月

今年もあとわずか。街にはクリスマスの雰囲気も漂い始めています。12月初めにかけて見られる紅葉のピークも見逃せません。

2014/11/19 公開