【九州・沖縄】九州・沖縄で巡りたい、いろいろな旧家

旅行で行ったなら、その地の歴史などにも触れてみたいですよね。そんなあなたに、旧家めぐりをおすすめします。いろいろな発見があるかも。

スポンサーリンク

新盛家住宅

沖縄県八重山郡竹富町祖納

沖縄にある民家では最古の、木造茅葺き屋根の民家と言われています。築150年の歴史ある民家は、沖縄の歴史を間近で見ることが出来ます。

旧伊東伝左衛門家

宮崎県日南市飫肥4丁目4-1

19世紀初めに建設されたと推測されている、肥藩上級家臣の武家屋敷です。飫肥の武家屋敷の典型の形を残しています。

前田家別邸

熊本県玉名市天水町小天766-3

夏目漱石の小説「草枕」の舞台ともなった、前田家別邸。明治30年の暮れに数日宿泊し、その実体験などをもとに、小説が出来あがったそう。

銘苅家住宅

沖縄県伊是名村字伊是名902

尚円王の父親の弟に当たる叔父さんが住んでいた家です。明治39年に再建され、戦争を免れながら今日に至りました。

緒方家

熊本県八代市泉町椎原46

合掌造りの中でも特に珍しいと言われている兜造り屋敷で、2階には隠れ部屋などの特別なへやもあり、当時の落人伝説が垣間見れます。

青木繁旧居

福岡県久留米市荘島町431

近代日本美術でなお残した青木繁が、上京するまでの17年間生活をした生家です。様々な資料や作品が展示されています。

坂本繁二郎生家

福岡県久留米市京町224-1 坂本繁二郎生家

近代洋画の巨匠として知られる坂本繁二が生まれ育った、旧久留米藩士の家。久留米市では唯一の武家屋敷でもあり、市の指定文化財にもなっています。

堺屋

福岡県八女市本町184

代々酒造業を営んでいた木下家の旧家です。堺屋という屋号でお酒を作っていたそう。離れの屋根には、西洋の風見鶏が飾られています。

永沼家住宅

福岡県京都郡みやこ町犀川帆柱721

天保12年に建築された、入母屋造りの直屋民家です。国の重要文化財にも指定され、平成元年には解体修理が行われました。

江藤家住宅

熊本県菊池郡大津町陣内1652

建築の様子から、江戸末期の建物の構成がよくわかる建物です。熊本の民家の屋根が、茅葺から桟瓦葺に変化した様子もうかがえます。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 九州・沖縄エリア
イベント盛りだくさんな12月

寒さも冬本番の今日この頃。12月にはクリスマスに忘年会に年末のセールなどイベントが盛りだくさん。リサーチしてお出かけしましょう♪

2014/11/11 公開