【岩手】情緒あふれる岩手の史跡めぐりはいかがですか。

岩手の歴史や伝統・文化に触れるスポットめぐりをするのも、休日の過ごし方の一つかも。いつもと違うあたらしい発見がありそうです。

スポンサーリンク

岩手銀行 中ノ橋支店

盛岡市中ノ橋通り1丁目2-20

明治44年に建設され、現在でも現役で銀行として使われています。赤レンガ造りの外観が、ルネッサンス風の雰囲気。

銀河ポッポ

岩手県花巻市大通り1-2-21 なはんプラザ北側

岩手出身の宮沢健二の代表作【銀河鉄道の夜】をモチーフに作られた、からくり時計です。花巻駅前の北側にあります。12時を指した時に、何かが起こりますよ!

無量光院跡

岩手県西磐井郡平泉町平泉花立

宇治平等院の鳳凰堂をまねて作られた寺院跡。鳳凰堂を越えようデザインされていたそう。極楽浄土をイメージした庭園だそう。

デンデラ野

岩手県遠野市土淵町山口

遠野にある、60歳を迎え非生産者とみなされた老人たちが捨てられたという伝説が残っている場所。死者の霊が通るそう。

上の橋擬宝珠

岩手県盛岡市上ノ橋町

南部藩主の利直公が盛岡城を築く時に掛けた橋で、欄干の青銅製の擬宝珠には慶長14年、慶長16年と刻まれたものもあり、国の重要美術品に指定されている。

観自在王院跡

岩手県西磐井郡平泉町平泉字志羅山地内

日本最古の庭園書、「作庭記」に記載されている通りに作られたそう。大阿弥陀堂と小阿弥陀堂があることから、極楽浄土を表現しています。

風の鳴る林

岩手県花巻市大通り1丁目 花巻駅ロータリー内

風車の付いた21本のポールから、8時15分、10時15分、12時以降は毎正時15分ごとに、シンセサイザーアーティストの、姫神が作曲した曲が流れます。

明義堂跡

岩手県盛岡市中央通1

1918年に、日本で初めて平民宰相となった原敬が学んだ藩校の跡地です。現在は一部が日影門緑地と言う公園になっています。

舟橋跡

岩手県盛岡市南大通3、仙北1

現在は盛岡指定史跡とされている船橋跡は、当時は48艘もの船が行き来して川を結んでいたそう。明治橋が出来るまで続いた光景でした。

柳之御所遺跡

岩手県西磐井郡平泉町平泉伽羅楽

平成22年4月から史跡公園として公開されています。奥州藤原氏の拠点と言われていて、様々な遺物が発掘されました。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 北海道・東北エリア
いよいよ12月

今年もあとわずか。街にはクリスマスの雰囲気も漂い始めています。12月初めにかけて見られる紅葉のピークも見逃せません。

2014/11/12 公開