【東京】東京の町を、歴史散歩でより深く…

近代科学の息吹を感じたり、新撰組の生きざまに思いを馳せてみたり。歴史ある庭園や霊園は散歩にももってこいです。時の重み、時代の意味を感じてみませんか?

スポンサーリンク

本郷菊富士ホテル跡

東京都文京区本郷5-5

大正時代から昭和初期にかけて、数多くの著名人が訪れたホテル跡。残念ながら第二次世界大戦の際、東京大空襲により焼失してしまいましたが、現在はその場所に石碑が残されています。

法務史料展示室・メッセージギャラリー

東京都千代田区霞が関1-1-1 法務省赤れんが棟3F

第二次世界大戦中に焼失してしまったれんが棟を復元改修し、資料館として公開しています。重要文化財に指定されている館内では日本の法の歴史などの資料を見ることが出来ます。

大名時計博物館

東京都台東区谷中2-1-27

陶芸家・上口愚朗さんが生涯をかけて収集した、貴重な大名時計を展示している博物館。その他にも外国製の時計や明治・大正時代の貴重な時計なども展示しています。

東京理科大学近代科学資料館

東京都新宿区神楽坂 1-3

計算機・録音技術・東京理科大学の歴史を主体にした資料館。今では考えられないほどの大きさの計算機や、レトロ感たっぷりの蓄音機など見ているだけでもわくわくしちゃいます。

品川浦の舟溜り

東京都品川区南品川猟師町

旧東海道にある品川浦。江戸時代の雰囲気を色濃く残す貴重な場所で、周辺にも古民家数多く残っています。遠くに見える現代的な風景がなぜか異様に見える、そんな不思議な場所です。

旧安田楠雄邸庭園

東京都文京区千駄木5-20-18

大正時代に建築された、在来建築技術と西洋の技術を融合させた貴重な建物。歴史もさることながら、邸内から眺める四季の美しさに圧倒されます。

こゝろ

東京都文京区本郷6-18-11

古きよき時代の面影を残す、昔ながらの喫茶店。内外装はもちろん、メニューも全てレトロ。ゆったりとした空気が流れる大人の空間です。

土方歳三資料館

東京都日野市石田2-1-3

新撰組・鬼の副長として有名な土方歳三の子孫の方が運営する資料館。直筆の書簡や、実際に使っていた武具など多数の貴重品が展示されています。

小松宮彰仁親王銅像

東京都台東区上野公園八番

赤十字社の前身であった博愛社の初代総長に就任していた方の銅像。赤十字社の発展に尽力した、時代の功労者です。

日蓮宗大本山 池上本門寺

東京都大田区池上1-1-1

700年ほど前に日蓮聖人が入滅(臨終)された霊跡。境内には日蓮聖人の廟堂や歴代墓所などがあり、厳かな空気が漂っています。

関連タグ
関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 関東エリア
いよいよ12月

今年もあとわずか。街にはクリスマスの雰囲気も漂い始めています。12月初めにかけて見られる紅葉のピークも見逃せません。

2013/06/01 公開