【東海】縄文の時代からの多くの遺跡が点在しています

東海には古くからの遺跡が多く残っています。縄文時代でも暮らしやすい気候風土だったことがうかがえます。遺跡巡りをして古代人の生き方を考えてみませんか?自然との共存が今以上に上手だったことが分かりますよ。

スポンサーリンク

斎宮跡

三重県多気郡明和町竹川

古代から中世にかけて作られた、斎王の居住した宮殿や役所などを中心とした遺跡です。東西約2km、南北約700mという広大なスポットです。

北江間横穴群

静岡県伊豆の国市北江間

古墳時代の後期から奈良時代にかけての横穴墓群です。10基の西側の大師山支群と、40基以上の東側の大北支群から成り立ちます。

堂之上遺跡

岐阜県高山市久々野町久々野2270

標高約700mの高台に位置する遺跡です。縄文時代の前期から中期を中心とした集落跡で、早期の押型文土器も少数見つかっています。

嵩山の蛇穴

愛知県豊橋市嵩山町浅間下92

標高140mの山腹の斜面に南向きに位置する天然の石灰洞穴です。75mの奥まで行くことができる洞窟遺跡でもあります。

お茶屋屋敷跡とボタン園

岐阜県大垣市赤坂町

1604年頃に徳川家康が中山道沿いに設置した将軍専用の休泊所跡です。数多くのボタンが植えられておりボタン園として一般開放されています。

笠置山のペトログラフ

岐阜県恵那市中野方町

笠置山周辺では、古代の信仰文字であるペトログラフが刻まれた岩が見つかっています。神秘的な山として人気です。

登呂遺跡

静岡市駿河区登呂五丁目10番5号

弥生時代後期の集落および水田遺跡です。1952年に国の特別史跡に指定されました。丸木舟や住居跡、水田跡などが見つかっています。

美濃国分寺跡歴史公園

岐阜県大垣市青野町1180-1

現美濃国分寺の南側にあり、現在は史跡公園として整備されています。寺域は西に金堂、東に塔を置く伽藍配置です。

鞍船遺跡

愛知県北設楽郡設楽町津具鞍船9

縄文時代前期後半の遺跡であり、縦穴式住居跡と多くの土器や石器が発見されています。現在は住居跡の一部をコンクリートで固めて保護しています。

蜆塚遺跡

静岡県浜松市中区蜆塚四丁目22番1号

縄文時代後期から晩期頃の集落遺跡です。現在は国の史跡に指定されています。円環状に平地式の住居跡や墓地などが見つかっています。

関連タグ
関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 東海エリア
イベント盛りだくさんな12月

寒さも冬本番の今日この頃。12月にはクリスマスに忘年会に年末のセールなどイベントが盛りだくさん。リサーチしてお出かけしましょう♪

2014/11/06 公開