【関東】関東で行ってみたい花名所。神社・お寺を中心に

関東で行ってみたい彩り鮮やかな花名所。特に神社・お寺を中心に、その荘厳な空気と花の美しさが織りなす最高の情景を堪能できるスポットを厳選しています。

スポンサーリンク

岩根神社

埼玉県秩父郡長瀞町大字井戸225

三つ葉ツツジやキリシマツツジ、レンゲツツジ約2020本ものツツジが4月中旬頃から一斉に咲き誇るつつじ園で有名な神社。

宝戒寺

神奈川県鎌倉市小町3丁目5-22

御醍醐天皇から命をうけた足利尊氏が北条氏の霊を祀った寺院。境内には桜や百日紅など四季折々の景観で彩られます。

妙福寺

千葉県匝瑳市飯高

境内に妙見菩薩を祀る妙見宮のある藤の寺として有名な日蓮宗の寺院。毎年藤の開花時期には紫色に一斉に染めます。

高麗神社

埼玉県日高市新堀833番地

1799名の高麗人が未開の原野東国武蔵野に入植した紀元前1世紀から7世紀後半まで栄えた高句麗の王族高麗王若光を祀る神社。

成就院

神奈川県鎌倉市極楽寺1-1-5

真言宗の開祖弘法大師空海が平安時代にこの地に訪れた際にこの地で護摩供・虚空蔵菩薩求聞持法を修した真言宗豊山派の寺院。

清澄寺

千葉県鴨川市清澄322-1

日蓮宗の開祖日蓮聖人が道善法師に師事し出家得度した寺院。境内には千年杉のほか祖師堂や法仏殿があります。

法華経寺

千葉県市川市中山2-10-1

中山法華経寺と呼ばれる鎌倉時代文応元年に建立した日蓮宗大本山。日蓮直筆の国宝観心本尊抄と立正安国論を安置しています。

仏生寺

栃木県真岡市南高岡259 

日光開山勝道上人誕生の地でもある境内には大けやきがある平安時代後期に建立された寺院。市内最古の仏像木造薬師如来坐像を安置しています。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 関東エリア
いよいよ12月

今年もあとわずか。街にはクリスマスの雰囲気も漂い始めています。12月初めにかけて見られる紅葉のピークも見逃せません。

2014/11/08 公開