【東京】一度は行ってみたい、東京のカジュアルフレンチ

一度は行ってみたい、東京のカジュアルフレンチのお店。気軽に行けるけど、その厳選されたメニューはもちろん秀逸。素敵な気分を味わえる素晴らしいお店の数々です。

スポンサーリンク

ル・ボン・ヴィボン

東京都武蔵野市吉祥寺本町2-14-5 鈴木ビル 1F

吉祥寺では老舗のフレンチ店です。野菜のテリーヌや仔羊のグリエなど、基本を抑えた家庭的な味わいが人気です。

キャス・クルート

東京都目黒区下目黒1-3-4 ベルグリーン目黒 B1F

メインのお勧めは豚肩ロース肉のロティで、前菜の自家製スモークサーモンもこだわりが詰まっています。プリフィクスディナーは3240円からです。

レストラン トライベックス

東京都渋谷区代々木2-2-1 小田急ホテルセンチュリー サザンタワー20F

料理長自ら現地に足を運んで吟味した、熊本あか牛のグリルがお勧めです。ガーリックトーストや温野菜の盛合せ等も味わえ7500円です。

シャンス (Bonne Chance)

東京都港区新橋2-15-5

赤ワインを片手に気軽にフレンチが味わえると好評です。仔牛のカツレツや砂肝のコンフィなど、1000円以下のメニューが多いです。

ラ・ブラッスリー シェ松尾

東京都渋谷区道玄坂2-24-1 東急百貨店本店 8F

百貨店の中にあるカジュアルフレンチのお店です。十五穀米を使った国産牛のハッシュドビーフが美味しく、季節の前菜も付きます。

ぶらっスリー ラ フェット

東京都豊島区南池袋2-27-2 マルグリットビル 1F

和やかな雰囲気でフレンチがいただけるのがいい点です。白身魚のグリルなどのメインに、前菜やバゲットの付いたランチは1350円です。

French SAC

東京都武蔵野市吉祥寺南町1-1-8 けやきビル 2F

ボリューム面でも納得のフレンチ料理が登場します。骨付き仔羊のローストはメインにぴったりで、プロヴァンスを意識した一皿です。

Cafe Bistro Cou Cou(ク・ク)

東京都北区赤羽2-16-1 スズオリビル2F

キッシュやラタトゥイユなど、フランスの家庭料理が中心です。特にお勧めはミートグラタンで、マッシュポテトにミートソースがたっぷり使われています。

ラブレー

東京都渋谷区恵比寿西1-30-13203

プリフィクススタイルでカジュアルに楽しめるのが魅力です。定番は和牛ほほ肉の赤ワイン煮込みで、トロトロになったお肉がたまりません。

ate 神保町

東京都千代田区一ツ橋2-6-11 キンセイビル1楷東京都 千代田区

ワインダイニングとして親しまれ、ワインに合うフレンチが味わえます。菜の花のチーズ和えやサイコロステーキが、リピートしたくなる一品です。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 関東エリア
いよいよ12月

今年もあとわずか。街にはクリスマスの雰囲気も漂い始めています。12月初めにかけて見られる紅葉のピークも見逃せません。

2014/10/14 公開