【東北】東北の素敵な教会へいってみよう!

教会へいってみませんか。東北の美しい自然の中にたたずむ由緒あふれる教会をたずね、いつもと違う休日をすごせるはず。

スポンサーリンク

白河ハリストス正教会

福島県白河市愛宕町50

ハリストス教会として現存するものの中でも古い洋風建築で、聖像画作品とともに、県の重要文化財にもなっている。

鶴岡カトリック教会天主堂

山形県鶴岡市馬場町7-19

赤い塔屋が目印となっているロマネスク様式の教会で、国の重要文化財にも指定されている。「黒い聖母マリア像」は世界でも珍しく、国内ではここでしか見ることが出来ない。

カトリック弘前教会

青森県弘前市百石町小路20

明治時代の末期に建てられたロマネスク様式の建築物で、岩木山やりんご、津軽三味線といった弘前らしい美しい多数のステンドグラスは見応え抜群

若松栄町教会

福島県会津若松市西栄町8-36

野口英世が洗礼を受けたとして知られている教会。木造下見板張りのゴシック式の聖堂と聖像は県指定の重要文化財となっている。

金成ハリストス正教会

宮城県栗原市金成上町30

ロシアの宣教師・ニコライ氏より洗礼を受けた酒井篤礼の遺志をついで建てられた教会。桜の時期や、ライトアップされるクリスマスシーズンは、美しい景観が広がる

日本聖公会 弘前昇天教会

青森県弘前市山道町7

イギリス積みの赤レンガが印象的なゴシック様式の教会。蔦が絡まっているシャンデリアは雰囲気があり、年代モノのオルガンもある。

日本キリスト教団弘前教会

青森県弘前市大字元寺町

東北では最も古く、全国でも7番目に古いプロテスタントの教会。弘前城公園からも近く、お散歩ついでに立ち寄るのもオススメ

山形聖ペテロ教会

山形県山形市木の実町9-22

外壁は下見板張りで、窓のほとんどが尖塔アート型となっているのが特徴的な木造の教会堂。内部は漆喰の壁で、国の登録有形文化財となっている

カトリック米川教会

宮城県登米市東和町米川字町裏41-2

多くのキリシタンたちが殉教した地で「東北の長崎」とも言われている。教会内では、彼らの遺物を多く展示・紹介している。

酒田キリスト教会

山形県酒田市光ケ丘1-5-55

鳥海山の麓にある教会。ゴスペルやフラダンスなどさまざまなイベントを行っている他、親子でも仲間同士ででも、気軽に立ち寄れるカフェもある。

関連記事
2014/10/11 公開