【関東】天然記念物級のモノまで。関東の銘木に出会う喜び

天然記念物級のモノまであります。関東で見つけた銘木の数々。その偉大さに出会う喜びを存分に感じましょう。

スポンサーリンク

びゃくしん

神奈川県足柄下郡湯河原町城堀252

城願寺の境内にある樹齢およそ800年の木は天然記念物にも指定されている。激しく捻じれた木は太く堂々としていて木の生命力を垣間見られる。

早川のビランジュ

神奈川県小田原市早川飛乱地1374

大正時代に天然記念物に指定されたバラ科の常緑高木。全体的に赤みのある色をしていて、全長がおよそ20メートルもある巨木。

二荒山神社・御神木

栃木県日光市山内2307 二荒山神社

まるで聖域のように巨木のパワーを感じられる場所。御神木として崇められている銘木はからは、見守ってきた往年の歴史を感じとることができる。

平家杉

栃木県日光市上栗山

平家の落武者が植えたと言われている杉の木。高さ30メートルもの大きさながらも、実がならないことから子無し杉とも言われている。平家の繁栄を願って植えられた希望の銘木。

神代ケヤキ

東京都青梅市御岳山145

国の天然記念物にも指定されている大きなケヤキの木。およそ樹齢1000年と言われていて、観る者を圧倒する存在感は銘木にふさわしい貫録。

御岩神社 三本杉

茨城県日立市入四間町752

御岩神社の参道にあるご神木。高く聳え立つ3本の杉の木を『三本杉』と呼んでいて、県の天然記念物にも指定されている。神々しさを感じる立派な木の姿に頭が下がる。

金剛桜

栃木県日光市山内2300

樹齢500年以上と言われている古い桜の木。輪王寺の境内にある桜の木は国の天然記念物にも指定されていて、地元の人々にも親しまれている由緒正しい老木。

万年橋のケヤキ

東京都東村山市恩多町1-1 

昭和44年に天然記念物に指定されたケヤキの木。用水路を跨ぐような形で立っていて、自然の力を思い知らされる。樹齢300年もの歴史がある銘木。

桜杉

栃木県日光市森友

杉と桜が1つになった珍しい木。長い年月の間の度重なる嵐も耐え抜いた生命力のある桜杉。宿り木となって花を咲かせるその姿は観る価値のある不思議な木。

八幡神社の逆杉

栃木県那須塩原市中塩原11

塩原八幡宮境内で寄りそうように立つ巨大杉。コケが生えた太い大木は昔話に出てきそうな神秘的な姿をしていて、思わず手を合わせてしまいたくなりそう。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 関東エリア
イベント盛りだくさんな12月

寒さも冬本番の今日この頃。12月にはクリスマスに忘年会に年末のセールなどイベントが盛りだくさん。リサーチしてお出かけしましょう♪

2014/10/07 公開