【神奈川】見ごたえがあってきれいな花名所をご紹介

神奈川県にある花の名所をご案内します。四季折々の花が咲き乱れている様子は何度みても心が癒されますね。

スポンサーリンク

浄光明寺のヒガンバナ・スイセン

神奈川県鎌倉市扇ガ谷2-12-1

浄光明寺の境内では、四季折々の花を観察することが出来ます。ヒガンバナは9月中頃に開花し、スイセンは1月頃です。ほかに、梅に桜、ツツジにアジサイ、ハギや紅葉など、飽きることがありません。

あじさい公園

神奈川県三浦郡葉山町堀内1537

10種類、約3000株のあじさいが咲いていて、6月中旬から下旬が見ごろです。「かながわ花の名所100選」に選ばれていて、淡いブルーや紫、白など、彩どりの優しい色に、癒されます。

大楠平のコスモス

神奈川県横須賀市芦名3-2357-1

大楠山の山頂の手前にある休憩所の大楠平には、約10万本のコスモスが咲き、9月上旬見頃を迎え、ハイキングを楽しむことが出来ます。また、春の3万本の菜の花を見物です。

鶴岡八幡宮 神苑ぼたん庭園

神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31 鶴岡八幡宮境内

源氏池のそばに造られた回遊式の日本園庭で、約1000株の牡丹が植えられています。見ごろは、1「正月ぼたん」が1月、「春ぼたん」が4月から5月で、桜とともに楽しむことが出来ます。

伊勢原あやめの里のハナショウブ

神奈川県伊勢原市小稲葉539-5

歌川のそばにあり、約12000株のハナショウブが一面に咲き乱れ、その中を、歩きながら、楽しむことが出来ます。開花は5月下旬から6月、。あやめまつりの期間に行くのもいいかもしれません。

本覚寺のサルスベリ

神奈川県鎌倉市小町1-12-12 本覚寺

夏、本覚寺を散策していると、青い空に、サルスベリの赤のコントラストが、美しく映ります。見頃は、8月上旬から9月下旬。その時期は、フヨウやハスも楽しむことが出来ます。

大雄山最乗寺参道のアジサイ

神奈川県南足柄市大雄町1157 大雄山最乗寺

参道の両脇には、約1万株のアジサイが3キロにわたり、植えられていて、アジサイ参道と呼ばれています。清流の音を聞きながら、散策してみてはいかかでしょうか?見頃は、6月中旬から7月中旬。

等覚院

神奈川県川崎市宮前区神木本町1丁目8-1

段々に並ぶツツジは、赤やピンク、白のグラデーションを美しく、そばを通る人たちが、思わず歓声をあげるほどです。花の見頃は、4月下旬から5月上旬で、約2000株が植えられています。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 関東エリア
いよいよ12月

今年もあとわずか。街にはクリスマスの雰囲気も漂い始めています。12月初めにかけて見られる紅葉のピークも見逃せません。

2014/10/07 公開