【横浜】建築の技術のすごさを体感できる観光スポット特集

横浜や関内にある建造物の観光スポットをご紹介します。時間を経たからこその趣きやレベルの高い建築技術を感じてください。

スポンサーリンク

東京藝術大学馬車道校舎

神奈川県横浜市中区本町4-44

旧安田銀行横浜支店として昭和4年に建てられた洋館です。現在では馬車道通りの名所の1つで、東京芸術大学大学院映像研究科横浜キャンパスとして利用されています。

日本興亜馬車道ビル

神奈川県横浜市中区弁天通5丁目70 日本興亜馬車道ビル

大正11年に旧川崎銀行横浜支店として建てられた石造りの洋館です。ネオルネッサンス形式の重厚な建築で、横浜市歴史的建造物認定第1号です。

第二合同庁舎

神奈川県横浜市中区北仲通5-57

大正15年に作られた横浜生糸検査所の外観を1995年に外観復元したものです。省庁出先機関の合同庁舎になっています。

横浜海岸教会

神奈川県横浜市中区日本大通8

明治元年に日本人の為のプロテスタント教会として作られました。現在の白く美しい建物は関東大震災の被害を受け、昭和8年に再建したものです。

神奈川県立県民ホール

神奈川県横浜市中区山下町3-1

1975年に作られた全国でも有数の大型文化施設です。国際的なオーケストラやバレエの公演が行われています。

大さん橋ホール

神奈川県横浜市中区海岸通1-1-4

横浜港大さん橋国際客船ターミナルの2階にある、ウッドデッキの洋上ホールです。正面奥の壁は強化ガラスで、横浜ベイブリッジを望める絶景ビュースポットでもあります。

横浜税関

神奈川県横浜市中区海岸通1-1

1934年に作られたイスラム寺院風の建物です。クイーンの塔とも呼ばれます。1階には税関資料室もあり見学できます。

横浜情報文化センター

神奈川県横浜市中区日本大通11

1929年に作られた横浜らしい石造りの近代建築です。美しい外側部分はそのまま、建物中心部分に新しい高層ビルの建つ、新旧融合した建物になっています。

神奈川県立歴史博物館

神奈川県横浜市中区南仲通5-60

横浜正金銀行本店として1904年に建てられた、明治後期を代表する近代建築です。関東大震災で焼失したドームを復元して博物館として公開されています。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 関東エリア
イベント盛りだくさんな12月

寒さも冬本番の今日この頃。12月にはクリスマスに忘年会に年末のセールなどイベントが盛りだくさん。リサーチしてお出かけしましょう♪

2014/10/08 公開