【京都】豪商や豪農、武家などの旧家を訪ねてみませんか?

江戸時代に建築され現在に至る、武家はもちろん、豪商や豪農の邸宅は、堂々たる建築様式と伝統が、見る者を圧倒する威厳に満ち溢れています。和風建築の素晴らしさと庭園も合わせて見学して下さい。

スポンサーリンク

豪商稲葉本家

京都府京丹後市久美浜町3102

歴史に深く名を刻んだ織田信長家臣、「美濃の稲葉一族の末裔」と言われる稲葉本家の建造物。美術館や茶屋をはじめ、歴史や息づく伝統に触れる。賑わいを見せる日本の建築が生きた建物です。

伊佐家

京都府八幡市上津屋浜垣内65

国の重要文化財に指定される江戸時代に建築された伊佐家。覆いかぶさるように作られた茅葺き屋根は厚さ約2メートルも誇る。今でこそ見ることのない姿を見れる貴重な場所です。

八木邸

京都府京都市中京区壬生梛ノ宮町24

立派な門構えと、続く通路が歴史の道しるべとなる。近藤勇こと「新選組」が屯所にしていたそう。座敷ではその当時の話を聞くことが出来るほか、芹沢鴨が暗殺された部屋の見学も可能だ。歴史の爪痕を辿ります。

渡邉家

京都府船井郡京丹波町下山岩ノ上17

国の重要指定文化財に登録される建築物で、江戸時代中期に建てられたものだ。この地方特有の造りとなっており、貴重な建造物として手入れの行き届いた当時の姿を垣間見ることが出来ます。

山紫水明処

京都府京都市上京区東三本木通丸太町上ル南町

江戸時代後期に建てられたこの場所は、名前にもさまざまな思いが込められており、歴史の重みを感じさせられる。当時の面影を眺望でき、心地よさを感じる空間が広がります。

拾翠亭

京都府京都市上京区京都御苑内

「京都御所」の一角にあり美しい景観に立ち寄る人も多い。春には桜が咲き乱れ、秋には紅葉と、緑豊かな庭園が広がる。ゆったりまったりとした雰囲気と、歴史感じる建造物に寛ぎの時間を過ごせます。

大庄屋上野家

京都府舞鶴市西方寺285

室町時代から続く「上の家」の屋敷を活かし作られた施設。古き歴史感じる民家は当時の姿のままだ。軽食も楽しめるほか、野菜の収穫体験もできるようになっている。建築物とともに楽しめます。

岩倉具視幽棲旧宅・対岳文庫

京都府京都市左京区岩倉上蔵町100

幕末~明治期の有名な政治家岩倉具視が生活していた屋敷だ。当時の建築技法が使われた建物に、対岳文庫では岩倉具視関係品を展示している。国の文化財が歴史を語ります。

旧三上家住宅

京都府宮津市河原1850

美しく整えられた庭園は、豪商の暮らしっぷりを現代に語り継ぐ。主屋棟、酒造蔵もある大変大きな町屋で造りも素晴らしい。国の重要指定文化財として風格が感じられます。

飯野寅吉旧家

京都府舞鶴市余部上

舞鶴市の産業発展に大きく貢献した一人として有名な飯野寅吉。こその土地ならではの気候に合わせた技法が用いられ、広々とした敷地内から望む建物は威厳を持っている。ぜひ目にしておきたい一軒です。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 関西エリア
イベント盛りだくさんな12月

寒さも冬本番の今日この頃。12月にはクリスマスに忘年会に年末のセールなどイベントが盛りだくさん。リサーチしてお出かけしましょう♪

2014/10/07 公開