【東京】由緒ある歴史的建造物をご紹介します

東京にある時を経たからこそ趣きがある歴史的建造物をいくつかご案内します。そのたたずまいは圧巻で魅了されること間違いなし。

スポンサーリンク

旧前田侯爵邸洋館

東京都目黒区駒場4-3-55

時代の流れと共に大名から侯爵へとなった前田家の歴史と栄華を感じられます。和館と若草色の屋根に赤レンガ張りの洋館があり、当時の面影を今に伝えています。

D51形蒸気機関車

東京都台東区上野公園7-20 国立科学博物館屋外

その美しさと力強さからデゴイチとして多くの人々を魅了してきた車両です。交通科学博物館にて実物展示され、日本を代表する蒸気機関車を間近で楽しめます。

旧寛永寺五重塔

東京都台東区上野公園

第五層のみが銅板葺で、他は瓦葺きとなっている五重塔です。第一層には釈迦、薬師、阿弥陀、そして弥勒の四方四仏が祀られ、荘厳な佇まいに魅了されます。

泰明小学校

東京都中央区銀座五丁目1番13号

都心の狭小敷地にありながら良好な日照条件と外遊びの空間が確保されています。明治期に創立され幾多の歴史を経た校舎は、建物全体を覆う蔦の姿からも垣間見ることができます。

葛飾区 山本亭

東京都葛飾区柴又7-19-32

地下防空壕や土蔵もある木造二階建ての建物の山本亭は広大な庭園を擁しています。緑濃い植え込みと築山を設け滝を落とすという典型的な書院庭園の優美な姿に時間の経つのも忘れてしまうほどです。

服部屋敷跡

東京都八丈町樫立2010

旧幕時代のお船預かり服部家の屋敷跡で、流人の築いた玉石垣に囲まれ、庭には樹齢数百年と推定されるソテツも現存しています。館内に展示されている服部家の井器や道具類に古の歴史を感じられます。

ふるさと村

東京都西多摩郡奥多摩町川野 1740

三頭山のふもと奥多摩湖南岸に面した自然公園施設です。奥多摩の豊かな自然に親しみながらレクリエーションやハイキングを楽しみ、雄大な自然の息吹を体感できます。

駒沢配水塔

東京都世田谷区弦巻2丁目41-5

現役の排水塔ですが、佇まいが廃墟の雰囲気を漂わせています。住宅密集地に巨大で古風な建造物が残り大正時代に竣工された当時の面影を色濃く残しています。

源為朝の館跡

東京都大島町元町1-1-14

保元の乱に敗れ、大島に流刑された源為朝の居住跡とされています。島民からは赤門で親しまれ、朱塗りの紋や戦に備えた物見台、そして海に通じる抜け穴などが今も当時の面影を感じさせます。

ロン・ヤス会談記念碑

東京都西多摩郡日の出町大字平井2651

ロン・ヤスとは、当時の中曽根総理大臣とレーガン大統領の頭文字をとって命名され、東西の冷戦構造を終結に導き世界平和に貢献した歴史的意義と成果をたたえるために建立されました。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 関東エリア
イベント盛りだくさんな12月

寒さも冬本番の今日この頃。12月にはクリスマスに忘年会に年末のセールなどイベントが盛りだくさん。リサーチしてお出かけしましょう♪

2014/10/06 公開