【都内】好きだったら行ってみたい!都内にある著名人の記念館・美術館

日本に実在した著名人の記念館や美術館は、一般の美術館とは違う発見が。好きな作品があるなら、ぜひ足を運んでみて。

スポンサーリンク

岡本太郎記念館

東京都港区南青山6-1-19

表参道駅から8分。84歳で亡くなるまで50年近く過ごしたアトリエ兼住居に建てられた記念館。万国博の太陽の塔などもここで構想を練り、制作されました。デッサンや絵画、彫刻、資料などが展示されています。

相田みつを美術館

東京都千代田区丸の内3-5-1 東京国際フォーラムガラス棟地下1階

書家で詩人のあいだみつを。弱さや甘えを正直にさらけ出し、人間をあるがままに見つめ愛した作品は心を打ちます。数々の作品や、アトリエの再現、当時の映像などが展示され、落ち着けるカフェも併設しています。

竹久夢二美術館

東京都文京区弥生2-4-2

根津駅・東大前駅から7分。大正ロマンを象徴する画家竹久夢二の美術館。日本画・油彩・原画・スケッチ・版画・デザイン・著作本・装幀本・雑誌など約3300点を所蔵。夢二式の美人画を堪能できます。

ちひろ美術館

東京都練馬区下石神井4-7-2

上井草駅から7分。画家いわさきちひろが亡くなるまで22年間を過ごした自宅兼アトリエ跡にあります。展示室、ちひろが育てた庭、図書館、プレイルームや絵本カフェなどがあり、子供と一緒にくつろいで過ごせます。

長谷川町子美術館

東京都世田谷区桜新町1-30-6

桜新町駅から7分。長谷川町子と姉の毬子が収集した絵画、工芸品、ガラス、「サザエさん」などの原画や、町子が手がけた陶芸や水彩などを展示。サザエさんキャラグッズなどのお土産は遊び心いっぱいです。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 関東エリア
いよいよ12月

今年もあとわずか。街にはクリスマスの雰囲気も漂い始めています。12月初めにかけて見られる紅葉のピークも見逃せません。

2013/01/20 公開