【東京23区】創業100年以上 愛され続ける23区内の老舗飲食店

明治時代から続くレストラン・バー。長く続くには理由があります。味、雰囲気、サービス、歴史ある店ならではの良さを味わってみて。

スポンサーリンク

野田岩麻布飯倉本店

東京都港区東麻布1-5-4

約200年前、第11代将軍徳川家斉の寛政年間に創業。鰻専門店として、素材選びと調理にこだわり続けるお店。風情ある内装の中、ふんわりしたうなぎが楽しめます。都内4店舗の他に、パリにも支店があります。

かんだやぶそば

東京都千代田区神田淡路町2-10

創業1880年(明治13年)。板塀で囲まれたお店には、庭園もあり老舗の風格が漂います。広々とした店内は客層も幅広くくつろげる雰囲気。青みがかった独特のそばはもちろん、酒菜メニューも豊富で楽しめます。

新富蛇の目鮨本店

東京都中央区新富1-7-9

創業1865年(慶応元年)。西郷隆盛と勝海舟が江戸城開放について会議した際に寿司を贈ったという歴史ある店。だからと言ってかしこまりすぎず、オトクなランチサービスもある入りやすいお寿司屋さんです。

煉瓦亭

東京都中央区銀座3-5-16

創業1895年(明治28年)の洋食レストラン。オムライスやエビフライなどの発祥の地と言われ、変わらぬ味を守っています。レトロな外観も風情たっぷり。グルメな有名人がお忍びで通い続けているのも納得です。

神谷バー

東京都台東区浅草1-1-1

創業1880年(明治13年)。浅草に誕生した日本で最初のバーです。オリジナルカクテル「デンキブラン」はアルコール30度!100年以上続く味を楽しんでみては。本館は有形文化財に登録されています。

関連記事
2013/01/19 公開