【東北】ドライブがてら滝を見に行ってみませんか?

東北にあるいろんな滝をドライブがてら見にいってみませんか?マイナスイオンを浴びて心も身体もリフレッシュ。

スポンサーリンク

秋保大滝

宮城県仙台市太白区秋保町馬場字大滝

岩の間を吹き出すようにして滝水が落ちる様子を見ることができる。幅6メートル、落差55メートルの大規模な滝で、周囲を豊かな自然に囲まれる姿は大変美しい。紅葉シーズンが特に美しいとのこと。

八流の滝

北海道上川郡美瑛町字白金

網ノ輪滝の別名を持つ滝。ゴツゴツとした岩肌を咲くようにして豪快に水が落ちる様子を見ることができる。滝の側には紫陽花の花が生えており、毎年梅雨の時期には滝に彩を添えている。

玉簾の滝

山形県酒田市升田字大森

山形県随一の高さを誇る滝。1200年ほど前に弘法大使が発見・命名したと言われている。お盆とゴールデンウィークにはライトアップが行われ、一層美しい姿を見ることができるそう。

関山大滝

山形県東根市関山

巨大な奇岩の上をベールのように滑らかな滝水が滑り落ちる、そんな幻想的な風景を見ることができる場所。周囲を鬱蒼とした自然が包み込んでおり、新緑の夏や紅葉の秋は一層美しい姿をみせる。

桃洞の滝

秋田県北秋田市奥森吉

滝の上部で流れが切り裂かれ、滝壺でまた一つになるという不思議な様子を見ることができる滝。タコのようだ、亀の甲羅の様だなど、人それぞれ滝の形が変わってみえるのも面白い。

釜淵の滝

岩手県花巻市

花巻温泉からほど近い場所にある高さ8.5m、幅30mの巨大な滝。ゴツゴツとした岩石の上を這うようにして水が流れ落ちるのが特徴。滝壺の底がしっかり見渡せる程の美しい水質が自慢。

達沢不動滝

福島県耶麻郡猪苗代町蚕養

岩肌から簾の様に滝水が流れ落ちる男滝と、その脇でひっそりと姿を隠す優美な女滝の二つからなる。鬱蒼とした木々に囲まれた静かな場所で、実に神秘的な空気が漂う。温泉街からほど近い場所にあることも人気の理由。

関連記事
2014/09/27 公開